2017年03月11日

旧TOEIC最後のIPテスト

旧TOEIC最後のIPテスト

昨日の夜日本に帰ってきました

早速、教材作成や溜まったEメールの返信など多くの仕事をこなしました

そして、朝から英語の試験(公のものではないので詳しくはかけません)を受けてきました

今日は多くのTOEIC好きの方々が最後の旧形式TOEICを受験されるそうです

もう最後なんですね

来月からはlPも新形式です

僕の所属するエッセンスでは、5月7日のセミナー後IPテストを実施します
http://toeicjuken.seesaa.net/article/447212456.html

セミナーとともにご参加ください

最後の旧形式と聞くとなんか悲しいですね

もう海外で受験する以外の方法では見ることができないんですねぇ

感慨深いです

人生を変えてくれたこの試験に心からありがとうを言いたいです

明日は、2016年度最後の公開テストです

3月なので全国で実施され受験者も多いはずです

僕も楽しんで受験してきます

今日も明日も受験される皆さま頑張ってください!

↓TOEICブログよろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 11:56| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月10日

音とスペルを一致させてリスニング力UP

音とスペルを一致させてリスニング力UP

これからTOEIC受験のために帰国します

せっかく、四川方言の中国語に慣れてきたところだったので残念です

リスニングでまず重要となるのは、単語です

知らない表現は聞こえません

この点では、2年前に中国に来た時より知っている単語がだいぶ増えていたので楽でした

しかし、方言なので普段習っているものと発音が相当違います

方言の音を標準語の音とスペルに変換するのがとても大変でした

しかし、だんだんパターンがわかって来ると意味がわかるようになって来ます

zのような音は標準語のrだな、shの音はなく全部sになるといったことが理解できるとあとは、スペルに一致させた音に慣れて行くと一気に意味がわかるようになります

久しぶりの感覚でした

アメリカに最初に留学した時も、最初は何を言っているのか全然わからなかったですが、相手の喋る単語や表現の音を知っているスペル(意味)と一致させながらリスニング力を上げて行きました

イギリス英語を勉強した時も同じです

まず、イギリス英語の表現を増やし、音をスペルと一致させて行くという手順を踏みました

日本語訛りで単語の発音を覚えていってしまったり、文の中で使われる発音を知らずに学習して行くとリスニング力を上げるのに大分遠回りになってしまいます

逆に言えばきちんと発音を覚えていればリスニング力向上の近道になるわけです

今回の旅は、こういったことの重要性を改めて実感させてくれました

↓英語学習ブログ応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 12:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | リスニング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月09日

通訳に必要な力とは

通訳に必要な力とは

今年は工業英検のために翻訳を勉強しはじめました

また、通訳に興味を持ちました

理由はツイッターに書いた通りです


文字数が制限されているので補足をします

通訳には、知識・スキル・思いやりが大切だと言われていました

知識は、準備段階で大量に身につけなければならないのですが、この部分に関してはAIに勝ちようが無いわけです

そういった意味で、あとの2つでプロはマシンに勝らなければなりません

相手にわかりやすくするために文字通り訳すのではなく、補ったり、省いたりすることも時には必要になります

これは翻訳機には出来ません

道案内や食べ物の注文のような限られた場面では、機械で十分なわけです

しかし、会議通訳や外交の場面ではこの思いやりとスキルを持ったプロがいないと、大きな誤解や不和が生まれかねません

話を聞いて、2020年には通訳ボランティアを4ヶ国語(英、仏、中、韓)でやりたいなぁと思っていましたが、きちんとスキルを学んでおこうという気になりました

通訳者に転職するつもりはありませんが、スキルと思いやりを少しでも身に付けるのが2017年度の目標です

がんばります

↓英語学習ブログ応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 11:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 通訳ガイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする