2013年04月23日

即戦力がつく英文ライティング

昨日は日向先生、神崎先生、横川先生、カメハメ日記の井上先生にお会いしました

になた先生から

即戦力がつく英文ライティング
をいただきました

内容

正式に教わる機会が少ない、センテンスとセンテンスのつなぎ方やパラグラフの構成の方法など、説得力のある長い英文の書き方を懇切丁寧に解説する。

◯第1部 センテンスをととのえる
第1章 センテンスとして通用する条件を満たす
第2章 英語らしいセンテンスを書く:14のカンドコロ
第3章 センテンスどうしをつなげる
第4章 センテンスどうしの論理関係を示す(機能からのアプローチ)
第5章 センテンスどうしの論理関係を示す(実質からのアプローチ)
◯第2部 パラグラフをととのえる
第1章 パラグラフは文章の基本単位
第2章 パラグラフは日本語の「段落」とは違う
第3章 パラグラフはTEELで書く
第4章 パラグラフどうしをつなぐ
◯第3部 長めの/量のあるテキストをととのえる
第1章 目的別の展開パターンに応じて書く
第2章 4大類型はEDNAと覚える

---------------

最近、英語のライティングを必要とするビジネスパーソンが増えているとのことでした

ライティングのルールブックとしてこれはいいですね

ぜひライティング力UPにどうぞ

昨日僕らの対談で結論として出たのは

英語は芸事

人々は極みを目指す。。。

↓ブログ更新応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 12:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEIC SW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月11日

リアルTOEIC:苦情編

リアルTOEIC:苦情編

↓いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

日本の顧客サービスのレベルの高さが、僕のこっちの生活での満足度を下げることはよくあります

日本に比べたらこっちは酷いです

あと、計算力もそうです。おつりよく間違われます

引き算を店員に教えなければならないこともよくあります

そんな中、今facebookで少し話題になっている信じられないアンケート

6÷2(1+2)=の答えをめぐっておおもめしています

日本じゃありえないでしょう・・・こんなの簡単すぎると思うのですがぜひ投票してみてください

さてカナダ東海岸の旅にまた、旅行代理店Flight centreを使いました

しかし、ここのサービスは本当に酷いです。リアルTOEIC苦情です

Eチケットをメールするから、と言われたことが4回ありますが一度もメールが来たことはありません

嘘ばかりつきます

そして、こないだツアーのピックアップの確認の電話を自分でしようとしたところ、長距離電話になるということで
flight centreでかけてもらうことにしました

いきなり「そこの電話使っていいから自分でかけろ」と言われました

まあ別にいいんだけど・・・Quebec, Montreal, Torontoのツアー会社に電話をしました

最後のTorontoの会社(時差が3時間あります)が既に終わっていて留守電だったので、そのことを伝えると

「じゃあ明日の朝に私が電話して、どうだったかあなたにメールするわ」と言われました

うそつけと思ったのでAre you sure about that?と聞き返しました

今まで4度も「メールする」とここで言われて一度も来たことがないんだけど、本当にメールするのか?

と聞くと

Time will tell. 「時が来ればわかる」

という度肝を抜く回答が来ました

That's not a good answer!!! と叫んでしまいました

次の日、結局メールが来なかったので
御飯を食べて家に帰ったらフライトセンターの上層部におもいっきり苦情の電話を入れてやると思っていました

すると、家に帰っている途中、電話がかかってきました

「ツアー会社に電話したんだけどもう閉まっていて、メッセージ残しておいたけど、私次に出勤するのが火曜日なんだけどいい?」

朝電話するって言ったくせに今頃したんかい!!昨日よりも遅い時間に電話しているんだから閉まってるに決まっているだろう!!

At least I called them.とか言ってきました・・・

呆れてしまい、一気に怒りが消えました

今度これをTOEIC Part 7のストーリーにしようかなぁ

いやぁ、日本のサービスのすごさには感服します

↓賛同クリックいただけたらうれしいです
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 11:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEIC SW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

ひとつ上のライティングへ:語彙編

ひとつ上のライティングへ:語彙編

↓いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

いよいよケンブリッジ英検の筆記が来週の木曜日にあります

合格・不合格のテストですから、今度はこの間のTOEFLのようにライティングでこけることはできません

そして、ライティングのテストで厄介なもののひとつにレジスターがあります

シリアスな場面では丁寧な表現を、砕けた場面ではcasualな表現を
といったことを試されるわけです

こういうのってノンネイティブには非常に大変です

難しければいいわけではないです

かといって簡単すぎるのもよくないです

そんなわけで今回は

Academic Vocabulary in Use with Answersに載っている

neutral or informal→formalへの言い換えリストの中からクイズを出します

formalな表現に変えてみてください

clothes > a-------

carry out > c-------

friendly > c-------

show > d-------

house/apartment > d-------

decrease > d-------

----------------------
正解

attire

conduct

cordial

demonstrate

dwelling

diminish

できましたでしょうか?

かなりライティングに使えるエクササイズです

TOEICの言い換えの勉強になるかもしれませんね

↓役立ったと思ったら応援クリックお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 14:13| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEIC SW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月26日

英語のしゃべれない日本人をどうするか

英語のしゃべれない日本人をどうするか

↓ランキング応援ありがとうございます
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

現在ダウンタウン・バンクーバーにはどこかの高校の修学旅行生がいます

制服なので目立ちます

町行く人も「なんなんだろうあの子たちは」みたいな感じでしゃべっています

水曜日の昼はいつもクラスメートとファーストフードレストランに行くのですが

後ろにその高校生の集団がいました

ハンバーガーを食べながら一体どうやって注文するんだろうと心配しながら見ていました

そしたら、一言も英語をしゃべらなかったですね

注文はレジの横にあるメニューの看板を指さすだけ

For here or to go?

と聞かれても皆困惑するだけ

困ったら店員さんは、人差し指で下を指さしてHere!!
親指で後ろを指してto GO!!というジェスチャーをしていました

数秒の間があった後、一人が何を言っているかに気がづき
高校生の集団全員が下を指さし始めました

滑稽な話として終わらせてもいいですし、
コミュニケーション能力をたたえてもいいのですが

恥ずかしい話です

ファーストフードレストランの列はどんどん長くなっていきましたし

クラスメート達は笑いながら
「日本人は英語がしゃべれないって言ってたけど本当なんだねぇ」と言っていました

前に日本人の英語の先生は英語がしゃべれないし、
だから生徒たちが英語をしゃべれるようになんてならない

という話をしたときにクラスメートたちは「そんなバカな」と信じてくれませんでしたが
実例を見て納得していました

ヨーロッパ人にとって、高校生なのに英語で簡単な会話ができないというのは信じがたいものなんです
(いわんや英語の先生・・・)

やっぱり日本の英語教育どこかおかしくないですか?

旅行に来ていた彼女たちが悪いんじゃないです

旅行した時に対応できる力をつけてあげないのがおかしいんです

カナダに旅行させるんだったら、
せめて注文のときに耳にする表現、使う表現は教えてあげるべきでしょう

高校の先生たちや文科省はTOEICや大学入試を批判している暇があるなら先にこっちを何とかしてほしいですね

クラスメートが「先生たちに一年英語圏に留学するのを義務付けたら」と言っていました

前は「そんなの無茶だろう」と思っていましたが
これは、冗談抜きで必要かもしれないと焦りを感じた日でした

↓英語教育おかしいよ賛同クリックお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 11:38| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | TOEIC SW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

TOEIC SW説明会

TOEIC SW説明会

昨日はTOEIC SW説明会&講演会に行ってきました

さいきんは日曜日もイベントごとにでかけているので
家をあけっぱなしです

配達通知がたくさんたまっていますが受け取れる日がありません

今話題の
極めろ!リーディング解答力TOEIC TEST〈Part7〉

極めろ!リーディング解答力TOEIC TEST〈Part7〉

  • 作者: イ イクフン
  • 出版社/メーカー: スリーエーネットワーク
  • 発売日: 2009/12
  • メディア: 単行本


を受け取るのが待ち遠しいです


千田潤一さんの講演会は

前の説明会のときにやったものと同じ内容でした

しかし、同じ内容でも聞いていて面白かったです

さすが公演回数4000回を超える達人です

会場でTOEIC Newsletterをはじめいろいろなデータがもらえたのが
よかったです

例えばSWの受験者数

2006年:1200人

2007年:2700人

2008年:公開テスト2300人、IPテスト1900人:計4200人


平均点の推移を見てみると

2006年

スピーキング:132点/200点

ライティング:141.8点/200点


2007年

スピーキング:130.6点

ライティング:144点


2008年

スピーキング:126.7点

ライティング:146.4点


性別についても載っていました

女性のほうが平均は高いようです

ちなみにTOEIC(リーディング・リスニング)の受験者数を見ると


2008年

公開テスト778000人
IPテスト940000人

合計:1718000人

桁が違いますね170万人・・・

すごい・・・


しかし説明会の冒頭のコメントには驚きました

TOEICは 財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会

という非営利団体によって運営されています

非・・・・非・・・非・・・

非営利団体に非ず・・・の間違いでは?

非営利だったらSWの受験料(1万)もっと安くしてくださいよ受験料


↓賛同いただけたらうれしいです
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
↑ランキングのポイント数が賛同者の多さを表します
11:30現在840ポイント
posted by morite2 at 11:47| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | TOEIC SW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月12日

TOEIC SWの体験受検の感想その2

今日は昨日の引き続き、KarlがTOEIC SWのライティングSECTIONについて書きます。

TOEIC SWガイドにも書いてありますが、

TOEICスピーキングテスト/ライティングテスト公式ガイド
ライティングSECTIONは8問からできています。

最初の5問は写真と英単語二つがあって、受験者がその単語を使って1枚の写真に対して1文を作ります。

写真は普通のTOEICのPART 1のものとよく似ています。

この部分は基礎がしっかりできていない人を見分けるためだと思います。
8分もありますので、ゆっくり考えながら書けます。

次の2問は10分ずつ、お客や同僚などからの短いメール(50語程度)に対して適切な返事を書くことです。

50単語のメールに対する返事だから、同じぐらい50単語より少しぐらい長いもので大丈夫だと思います。

与えられた文章を理解できたことを、試験を採点する人に伝えないといけないことを考慮して、作文していきます。
10分で50単語程度の作文ですから、時間はほとんど問題ないと思います。

手紙やメールはどうしても決まり文句が入るので、メールの典型的なパターンをいくつか勉強すれば、この質問も割とやさしいと思います。

後、論理的であることも大切だ。
自分の考え方をはっきり伝えるため、論理の整理をする、"therefore," "so," "on the other hand"などの表現を入れる必要もあります。

最後の1問は300語程度のエッセーです。
TOEFLの作文と似ていると思います。

これを書くのに30分あります。

テーマはすごく簡単ですが、文書全体の構成、6,7問で使った接続詞などをもっともっと使わないといけません。

これが最後の設問でやっぱり一番難しいと思います。
日本語でもエッセーを書く練習をしていないのであれば、語彙や文法以前、何かの主張を論理的に相手を説得する練習する必要があると思います。

そして、スピーキングの最後の質問は1分しかないことに対して、
ここは30分ありますが、割とすぐに自分が論じることを決めて、作文そのものにできるだけ長い時間を設けることが重要。

スタートして10分後、言いたいことを変えることなんて、とんでもないことです。
論理の筋が通らないといけませんが、**自分の本当の意見にこだわる必要はありません。**
本当に人を説得するのではなく、英語の作文力を測っている検定だという点をわすれてはいけません。

TOEIC SWの意味
普通のTOEICの得点は就職のときなど、企業で要求されるが、TOEIC SWは今までにそんなことありますか?

やはり話す、書く能力を評価するなら、話すと書く試験にしないといけないと思います。
普通のTOEICほどの人数を受検させるのは設備の問題などがあって、
とても難しいと思いますが、本来なら、英語の総合能力を測るために、
TOEIC SWみたいな試験をTOEICと合わせて受検した方がいいと思います。

でも、企業で求められるようになるまで、自分の力試しにはなると思います。


1駅1題 新TOEIC TEST単語特急


↓これからも応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 21:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEIC SW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

TOEIC SW体験受検の感想

今日はKarlがブログを書きます。
みなさん、こんにちは。

昨日、IIBCの本部でTOEICスピーキング・ライティング(TOEIC SW)テストの体験版を受けてきました。

普通のTOEIC(リスニング・リーディング)は間接的にライティングとスピーキング能力を測定しているとETSが主張するが、やはり直接測った方がいいということでこの試験ができたと思います。

TOEIC SW公式ガイドを読んでから受けたが、私が受けた試験はTOEICスピーキングテスト/ライティングテスト公式ガイド
とよく似ています。
TOEICスピーキングテスト/ライティングテスト公式ガイド

ただ、受検して初めて分かったことがいくつかありました。

今日はスピーキングSECTIONについて話して、明日はライティングSECTIONについて書きます。

スピーキングSECTIONでは隣の人が見えなくても声が聞こえます。
やはりちょっと気になります。

受ける人は周りの声を気にせずに自分のしゃべっていることに集中する練習した方がいいと思います。

音読はイントネーションや発音を評価しているので、モノトーンで読んではいけない、疑問文やリストになっているものがあります。

それから自分について喋る分もあるのですが、答えを出す前に考える時間がほとんどないので、とにかく正しい英文法や発音で論理的に話さないといけません。

>>Morite2補足 正しくなくても通じるものであればOKです

英語力以外に想像力、決断力が必要だと思います。

スピーキングで一番難しかったのは1分間の留守番電話の伝言を聞いて、それに対して相手の留守番電話に1分間の返事を残すことでした。
実際の生活でしたら、メモなど取れますが、TOEIC の場合、書けないので、要点を覚えなければなりません。

TOEIC PART 4と結構似ているが、先読みできまっせんし、選択じゃなくて、自分の返事を言わないといけません。

TOEIC SWは本来のTOEICテストと性格がとても似ていると思います。
同じような文書、同じような状況が出ます。

それに、自分の意見、自分の体験について述べる機会があります。
受験料が8800円でちょっと高いと思いますが、TOEICスコアにTOEIC SWスコアがあれば、その人のビジネスにおける、簡単なコミュニケーション能力を評価するのにいいテストだと思いました。

ライティングSECTIONについて、明日書きます。




↓これからも応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 11:45| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | TOEIC SW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

TOEIC SWの結果発表

TOEIC SWの結果

インターネットでTOEICスピーキング・ライティングの結果が出ました

12月は申し込みを忘れてしまったので(IPを除けば最後のチャンスでした)

どうしても今年中に満点がとりたかった・・・

結果は・・・
TOEIC SW満点.jpg

とりました!

スピーキング200点 ライティング200点 

どちらも満点です!

これでスピーキング・ライティングセミナーもついに来年できます

このテストにずいぶん投資しました

何度も受験するうちにコツは完全につかみました

本を出しても売れないでしょうから、模試をつくったり、セミナーをやったりしたいです

人が集まるかは不明ですが高得点を取るための対策は披露できると思います

今のところ最高の参考書は
Tactics for TOEIC Speaking and Writing Tests

Tactics for TOEIC Speaking and Writing Tests

  • 作者: Grant Trew
  • 出版社/メーカー: Oxford Univ Pr (Sd)
  • 発売日: 2008/06/02
  • メディア: ペーパーバック


ですね

もうちょっと傾向と対策を書いてくれている参考書があればいいのでしょうが

何度も受ける人なんていないですからね 高いですし

セミナーをやるとしたら何度も受験した中でつかんだ傾向をお話したいです


これで今年の目標は

本の出版 達成

1駅1題 新TOEIC TEST単語特急
東大生協TOEIC部門 1位  達成

TOEIC IP満点  達成

TOEIC Listening AM 100% 達成

TOEIC SW満点 達成

TOEIC AM all 100%  失敗


4勝1敗で終わりました(TOEFL iBT100点越えを入れるともう1勝)

AM100%は来年に持ち越しです

気が早いですが来年も本気でがんばります!

夢をかなえるブログはこれからも続きます


↓満点お祝いクリック待っています!
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
最近クリック数が減ってますね・・・
posted by morite2 at 17:30| 東京 ☀| Comment(12) | TrackBack(0) | TOEIC SW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

8月のTOEIC SWの結果

8月のTOEIC SWの結果

ということでウェブで発表されました

今回は
7月とは違って途中でひどい間違いをしたので

スピーキングは最高でも180点なので落ち込んでました

結果は
SW.jpg

なんとかスピーキング180点でした

ライティングは前回同様満点でした

よかったのは発音ですね
SW 発音.jpg

音読問題では発音・イントネーション・アクセントも測定してくれます

自分自身音読は苦手だと思っています

7月はミディアムだったので初めて

「音読」を意識しました

いちばん心がけたのは

聞き手にメッセージが伝わるように読む

です

神戸セミナーの暗唱の審査員をした時も

一番重視したのは「メッセージが相手に伝わるか

というものです

暗記したものをしゃべる

ではなくメッセージをきちんと相手に伝えることができているか

というのを最大のポイントにしました

なので今回のSWでは7月にくらべてはるかにゆっくりしゃべりました

これがよかったんだと思います

もちろん
Tactics for TOEIC Speaking and Writing Tests

Tactics for TOEIC Speaking and Writing Tests

  • 作者: Grant Trew
  • 出版社/メーカー: Oxford Univ Pr (Sd)
  • 発売日: 2008/06/02
  • メディア: ペーパーバック


の音読のコツもきちんと実践はしました

皆さんもこれからは音読をするときに話し手・書き手になったつもりで

伝えたいことを伝える音読を心がけてみましょう!

↓役立ったと思った方は是非応援クリックお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
ラベル:TOEIC SW
posted by morite2 at 13:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEIC SW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

TOEIC SWに物申す

昨日はTOEIC SW3度目の受験でした

家に帰る途中でどしゃぶり・・・

帰ったら洗濯物がずぶぬれ・・・


さて今回はどうだったかというと

前回よりもスピーキングの出来が悪かったです

3回とも必ずどこか間違うんですが

3回ともミスをした箇所が違います・・・

ただ今回は完全な間違いなので厳しいですね

さてTOEIC SWに物申したいです

3回受けて3回ともどこかしら違います・・・困ります

1回目のIPはキーボードが日本式だったのに
公開では2回ともアメリカ式のキーボード配置

1回目はライティングが上書きモードになっていて苦労しましたが

公開では挿入モードで安心しました

1回目と3回目は仕切りがありましたが

前回受けたところは受験者が二人しかいなかったので

仕切りがなかったです

そしてなんといっても今回決定的に違ったのが

スピーキングでしゃべっている自分の声がヘッドフォンから聞こえてきました

これは今までと全然違います

自分の声が聞こえると、スピード、ピッチなんかを調節できますし
いい間違いをしたときに言いなおせるのでよかったです

しかし、会場によるこういった一貫性のなさは困ります・・・

なにか一定した基準を作ってほしいです

あと、すでに受けている人の声が聞こえるのもいかがなものかと思います

写真描写問題などは予想ができてしまいます

よりいいテストになってくれることを期待します

さてテスト対策ですが3冊ある参考書の中でオススメは

Tactics for TOEIC Speaking and Writing Tests

Tactics for TOEIC Speaking and Writing Tests

  • 作者: Grant Trew
  • 出版社/メーカー: Oxford Univ Pr (Sd)
  • 発売日: 2008/06/02
  • メディア: ペーパーバック


が一番ですね

ここに載っている型(むちゃなのもありますが)をきちんと使えるようにすれば高得点が狙えます

SUCCESSFUL KEYS TO THE TOEIC SPEAKING AND WRITING TESTS―TOEICスピーキング&ライティングテスト総合トレーニング
SUCCESSFUL KEYS TO THE TOEIC SPEAKING AND WRITING TESTS―TOEICスピーキング&ライティングテスト総合トレーニング

も面白かったですがスピーキング設問9が全然違います

これからも受験を続けたいと思いますが

SWセミナーとかやって資金を稼がなくては・・・

あ・・・需要ないですね

自分との戦いでがんばります

↓これからも分析がんばるので応援クリックお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 13:42| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEIC SW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする