2017年01月28日

TOEFL結果17年1月

TOEFL結果17年1月

2017年1発目のTOEFLの結果が返ってきました

スクリーンショット 2017-01-26 00.07.37.png

結果は

R 27

L 29

S 28

W 28

またも一度も取ったことのない点数の組み合わせでした

リーディングがやっぱり難しかったです

リーディングは昔の問題と比べてもレベルが上がっていますね

昔はちょこちょこ満点とっていたのですが、最近はずっととてれいないです

こないだまでは4連続29点でした

ライティングをちょっと上げたいですね16年は28点が5回で、15年以降30点を取れていません

RWを上げる訓練をしようと思います

そして、いよいよ、TOEFL本の執筆の企画が動き始めました

まだ内容は詳しく言えませんが、TOEFLをたくさん受けている著者たちで最新の傾向を反映したTOEFL対策本の執筆にとりかかろうと思っています

ご期待ください

明日はTOEICですね!がんばりましょう!

↓執筆も受験もブログも応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

posted by morite2 at 12:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

TOEFL難化傾向の分析

TOEFL難化傾向の分析

土曜日はTOEFLを受けてきました

前回のTOEFKの問題にはTOEICにもいた昔のナレーターと最近のナレーターが出てきました

そのことから、昔のナレーター(1人)=昔の問題(リサイクル問題)

新しいナレーター(1人ではない)=最近の問題(リサイクルの可能性もあり)


スピーキングとライティングは新しいナレーターだけでしたが

リスニングには両方出てきたので過去の問題と最近の問題を比べることができたんです

難化していることがよくわかりました

こんなところで難しくするのか!と驚いたのは

選択肢の長さでした

明らかに昔の問題より長くなっています

そう考えると、スピーキングとライティングのインディペンデントも
設問が長くなっています

スピーキングは2つのものから選ぶ問題だけではなく
3つから選ぶものが増えていますし

前回のライティングは、設問部分がめちゃくちゃ長かったです

読む時間のせいで考える時間、書く時間が削られてしまうわけです


試験対策が進むと平均点が上がり、難化は避けられません

これはTOEICでも同じことです

必ず難化していくはずです

そういった意味でも大学入試に外部試験を入れていく難しさが見えますね

センター試験など大学入試に特化したものであれば得点調整できますが、受験生以外も受ける外部試験ではそういった措置ができません

色々と考えさせられました

↓英語試験ブログ応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
宣伝広告ブログたちには負けられない
posted by morite2 at 12:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月03日

TOEFL受験期(16年12月)

受けて来ましたTOEFL

初めて行く会場でした

Googleマップが全然違うところを指してしまったため、かなり迷いました

夕飯の時間に大阪に着くように新幹線のチケットを買っていたので焦りました

会場は狭くて狭い部屋一室、とにかくうるさい

こんなに集中できない受験は久しぶりでした

以下それぞれの感想です

R:

生物系のは中々難しかったです

こんなに馴染みのない単語を一度に見たリーディングは初めてかも

歴史はおなじみのトピックで楽でした

L:

特に難問はなかったですが、周りがうるさかったせいで一箇所聞き逃していて1問勘で答えました

S:

あまりよくないかなぁ インテグレイテッドのリスニングの最中にうるさくて聞こえないところが結構ありました

なんとかやりきりましたが、悔いが残る箇所がいくつかあります

W:

ここが1番、周りのうるささに悩まされたパート

インテグレイテッドのリーディングが難しくわかりづらいのに周りがうるさい。。。

さらに講義を聞いている時もうるさい

大事な一箇所を聞き逃しました

3つ目の理由が不明のまま書きました

インディペンデントは書きやすいトピックでした450語くらい書きました

やはりこのテスト周りの雑音をいかにシャットアウトし集中するかですね


公平性が大事な大学入試には全くふさわしくありません!

入試に導入を考えている大学の皆さん考え直してください

毎月受験している私が声を大にして言います!このテストは相応しくないです


↓TOEFL受験も応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 14:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

TOEFL結果(16年11月)

TOEFL結果(16年11月)

この間受けたTOEFLの結果が返ってきました

結果は

unspecified.png

R 29(今年3度目)

L 30(今年2度目)

S 26(今年最低)

W 28(今年4度目)

合計113

予想と全然違っていました

Rは意外とよかったです

思ったより間違っていなかったようです

最後に見直しして変更したのが、よかったのかなぁ?

L 満点?あんなに難しくて、2問勘で答えたのに。。。

不思議です

S ここは、受験後の感想に書いた通り、independentで単語を言い間違えるというミスをしたのが響きました

スコアの説明のところもindependentだけGoodではなくFairになっていました

W まあ、まずますです。independentは大量に書いたのですが、点数に大きな変化はなかったですね

難しかったintegratedの方で、2点分落としたんだと思います


これからも毎月TOEFL受験がんばります(円安で受験料が高くなっているけれど。。。)

↓ブログも応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


posted by morite2 at 12:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月12日

TOEFL受験期16年11月

TOEFL受験期16年11月

受けてきましたTOEFL

受付のところで、登録番号を言わなければならなかったので、iPadを出したら

コートもパスポートも荷物もあったせいで、iPad落としてしまい、画面が割れました(泣)

待合室の左が中国人で、右が韓国人だったので、なんで受験しているのか聞こうかなやみました

控室は多分しゃべってはいけないはずなので我慢しました

さて、感想です

Reading

1セット目がなかなか難しかったです

余った時間で戻って、2問答えを変えたのでこれが吉と出るか凶と出るか

Listening

レベルが高かったです

2問覚えていなかったです

それ以外の問題も一般の受験生には、選択肢の意味もわからないものもありレベルが高かったです

理系の内容は分かったのでよかったです

まさか、ワンピースのルフィ―のギア・フォースの仕組みが科学的にわかるとは(笑)

Speaking

インディペンデントの1問目、最後の部分で単語を言い間違えました

これがなければかなりいい結果がでただろうと思われます


難しい表現や文法は特に使いませんでしたが他のPartは特にミスなくいきました

Writing

インテグレイティッドがなかなか難しかったですね

読んで理解するのが大変だったのではないでしょうか

後ろのドイツ人のスピーキングがうるさくて集中するのが大変で、3回読んでやっと理解しました

インディペンデントは、書きやすかったです

まさに、自分のお得意分野だったので、見直しの時間を残しながらも450語以上書けました

さあ、どうなるでしょう

受験後、秋葉原に行ってiPadの修理を依頼しました

店員が韓国人だったので、TOEFLの待合室では使わなかったのに、こんなところで韓国語で会話するとは。。。



↓TOEFL受験も応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

posted by morite2 at 15:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月31日

TOEFL Junior Comprehensive受験記

TOEFL Junior Comprehensive受験記

受けてきました最後のTOEFL Junior Comprehensive

受験会場は、どこかの高校が団体で受験していたので、すごくにぎやかでした

一般受験の人はほとんどいなかったです

おそらく自分の部屋だけが一般受験でした

簡単な感想を

Reading

結構易しかったです

一問難問が入っていました

そこにひっかかった人は多いと思います

おそらく全問正解

Listening

TOEIC, TOEFLのおなじみのナレーターたちがたくさんできてきました

TOEICのオーストラリア人が、絵では黒人の社会の先生でアフリカのあたりを地図で指しているのは不思議な感じでした

基本は易しいですが、若干、「え、そんな細かいこと聞いてくるの?覚えてないし」というのもありました

全問正解か一問ミスだと思います

Speaking

形式を覚えておかないと結構大変ですね
(と言っても、もうなくなってしまうテストですが)

6コマ漫画を説明するのはかなり難しいですね

今回は、受験者の多くがあるものをあらわす単語を2つとも知らないで困ったと思います

その2つが一コマにあるので、3コマ目で撃沈した人が多かったはずです

Writing

Integratedがかなりきつい試験です

講義をきちんとメモに残せるかがポイントです
(この点ではTOEFLより難しいかも)

自分自身、聞き逃した部分があり、ポイントがひとつ抜けてしまっているかもしれません


テストはどんどん先に進めるので、早く終わる人はあっという間に終わります

リーディングとリスニングは相当早く終わりましたが、小学生2人の方が自分より早く休憩していました

ひっかけの選択肢、答えに関係ないところを読まなければ1番だったのに悔しい
とは別に思いませんでした(笑)

スピーキング・ライティングセクションは部屋単位で同時にはじめるので、他の人がLRを終わるまで待たなければなりません

これがなかなかめんどくさい待ち時間でした

私物に触ってはいけないので、飲み物も飲めずつらかったです

こういった改善点を提案しても、もう終わったテストなので意味がないんですよね

悲しいです

運営をしている公文の本社まで行って、いろいろと改善点を提案し、その通り改善してくれていたテストだったので残念です

話を聞いたら、ETS側から突然、試験終了の通知が来たそうです

ETS相変わらずです。。。

いいテストだったのに残念です

こうして大学入試に利用できる4技能外部試験、1つが姿を消しました

↓英語試験ブログ応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

posted by morite2 at 11:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月30日

英語資格試験が消える日

英語資格試験が消える日

今日はTOEFL junior Comprehensive最後の日です

死刑宣告をされた後のテストの死に目を見るのは初めてです

新形式のTOEICに移行前のTOEICの最後は韓国で受けてきました

また、急になくなった通訳検定

ボランティア通訳検定を受けて合格し、次は通訳検定だ!と思ったら廃止になりました

このようにリニューアル前の最後の試験

突然なくなった試験の最後の回というのは経験があるのですが、試験が無くなることを告げられた後で受けるのは初めてです

なんとも不思議な気持ちです

この試験を受けても今後自分の何の役にも立たないのかぁ
じゃあ、がんばらなくてもいいかぁという気楽な気持ちと

最後なんだから精いっぱいやろう!という気持ちの間で揺れています

英語試験マニアとしては貴重な経験になると思います

では受験に行ってきます!

↓英語試験ブログ応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 12:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月15日

TOEFL受験期16年10月

TOEFL受験期16年10月

受けてきましたTOEFL

またも、見事に受験会場を間違えてしまいました

毎回いろんな会場で受けて、どんな場所なのかチェックしているのですが、混乱してしまうという弊害がありますね

電車で会場に行って、自分の受験番号がなくてタクシーで自分の家の会場に向かうという茶番をやらかしました

○リーディング

1セット目が読みづらかったですね

なかなか時間を取られました

○リスニング

1セットいつもの通り難しい理系の内容が出てきました

あそこを攻略できたかがカギです

○スピーキング

インディペンデントがうまくいきませんでした

マイクのセットがうまくいかなくていろいろとトラブったんです

最初のボリュームチェックで、ヘッドフォンの右からほとんど音が聞こえず、変えてもらいました

その後、マイクに向かってしゃべりかけても反応しません

Describe the city you live inの下りを3回やりました

スピーキングの前にも同じように2回やっても反応なし

なので、スタッフを呼びました

3回目でうまくできて進みました

そしたら、なんとの最初のインディペンデントの時にそのスタッフが別の人を連れてきて話しかけてきました

まじか!?スピーキング中に話しかけられるとは

準備時間を奪われ動揺してしまいました

インテグレーテッドはまあまあできました

○ライティング

両方とも書きやすかったです

前回よりは楽でした

何度もテスト受けているといろんなことがありますね

↓英語テストブログ応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

posted by morite2 at 15:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月12日

TOEFLの受験からいろいろと見えたトピックの偏り

TOEFLの受験からいろいろと見えたトピックの偏り

多くの方がご存知の通り、TOEICやTOEFLといったETSが作成するテストの問題は公開されません

そのため対策に関しても嘘がまかり通ることが多いです

その一つがTOEFLの対策のためにはアメリカの歴史を知っておいた方がいいというものです

しかし、自分自身受験した中でアメリカの歴史のトピックに当たったことは1回もありません

アメリカの歴史の知識が役立ったことは一度もありません

むしろ古代ヨーロッパに関する知識の方がよっぽど役立ちます

背景知識は点数には関係ないとTOEFL側は主張しています

半分その通りで、半分嘘です

たしかにそんな知識持っていないでしょうというようなマニアックな内容は出ます

しかし、これバックグラウンド知っていたら有利だろうなぁと思うことも多いです

ちょっと天文学リスニングに出すぎじゃないかなぁと感じています

しかも難しいことが多い。。。

トピックにかなり偏りがあるのは事実です

それでも、どんな内容が来てもとれる英語力をつける方が優先です

英語力向上のための学習を続け、受験をしながら、背景知識を増やしていく
というのが理想だと思います

↓TOEFL対策も応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 18:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月04日

TOEFLの音声で気が付いたこと

TOEFLの音声で気が付いたこと

昨日のテストで気が付いたことがいくつかありました

まず、がっつりイギリス英語の人が出てきたことです

ETS自体は、TOEFL iBTでは様々な地域の発音が出るとは言っていたものの、自分が受けたテストではアメリカ英語ばかりでした

しかし、昨日ついに完全なイギリス英語の人が出てきました

まえに、スピーキングの問題を読み上げる人がイギリス人だったことはありますが、今回は講義をする人が完全にイギリス人でした

そして、もう一つ驚いたことがありました

それは、音声の編集です

読み間違えたりして、音声をつなげるという編集は普通のことですが

なんと、声の高さを編集していたんです

いつも聞いている女性の声だが高さが違いました

最初は演技しているのかと思ったのですが、明らかに機械編集で高くしたものでした

はっきりと学生と教授というのを分けるためだったのでしょうか?

男性と女性なので別に編集はいらないと思ったのですが。。。

同じ声の人が別の問題では先生になるから?

理由はわかりませんが不思議でした

TOEICでもこんなこと一度もないですからね・・・

不思議でした

↓TOEFL分析も応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 13:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする