2008年07月09日

花より男子と汚い英語

花より男子見てきました

ただでさえ女の子の映画なのにレディースデイだったので
本当に女の人ばかりでした

ストーリーはpredictable(予想できる)ものでしたが

まあ感動させますね・・・

キャラがいいですね。これは人気でますよ


映画の中には英語も何ヶ所かでてきますので
ネタになるものはたくさんありました

一番気になったのは感動のシーンで松本潤の着ている服の
背中に書いてある英語です

You asshole.

How dare you tell me what I should do...



みたいな感じのことが書かれていました

感動のシーンなのにぶったまげました

「テメーこの野郎!俺様に指図するなんて何様だ!」

主人公道明寺司(どうみょうじつかさ)ぽく訳しました


汚い英語でございます・・・

A-holeはまずいでしょう・・・

How dare you・・・ 「よくも〜」

は非常によく使う表現です。
こないだアメリカに行ったときも何度も聞きました


P.S.僕が見たくて見に行ったわけじゃないですからね
ドラマもマンガも見たことありません

男一人で見に行くなんて「ありえないっつーの!」


↓激戦2位3位争いはまだまだ続く・・・応援よろしくお願いします
人気ブログランキング


posted by morite2 at 15:24| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

映画で英語雑学(僕の彼女はサイボーグ他)

時間映画(Time Movie)の大好きな僕にとっては
昨日みた「僕の彼女はサイボーグ」「地下鉄に乗って」はたまらなかったですね

この綾瀬はるかの映画をちょっと批評してから英語豆知識を少し紹介します

「僕の彼女はサイボーグ」はこれはおもしろい

やはりタイムムービーは複雑です!見終わった人の中で完全に理解していなかった人がはとんどでしょう言いたくて仕方がない・・・

(分からなかった人は最後の「僕の彼女はサイボーグの分析を読む」をみてください。つっこみも入れます。映画を観た人は是非答えあわせのため見てください)

最初はすごく感動するんですが途中で「えー」て感じで萎えて
最後にまた「なるほど」てなってまた感動します

まさに映画「ヘアスプレー」にもでてくる

You are timeless.

「君は僕にとって永遠だ」



て台詞がぴったりです

さてこういった映画のジャンルをなんていいますかね

SFムービー」ですよね

Science Fictionの略ですが

SFて日本語英語だって知ってました?

昨日ジュンク堂の洋書の小説の棚にSFて書いてあって
「えー」て思いました

英語の略はSci-Fi(サイファイ)

土曜日のTOEICリスニングのクラスに出ましたね


ちなみに映画のパンフレットてなんていいますか?

答えはmovie bookでもいんですがmovie guideが一番近いようです
でも基本的にアメリカには存在しません

いつもの
ランキング

↓ここから先は映画を観た人だけ読んでください
僕の彼女はサイボーグの分析を読む
posted by morite2 at 00:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月02日

5月の映画批評+変な英語 in 恋空

今回は5月の映画批評+変な英語(恋空に出てくる)についてです

4月にTOEIC満点の通知書がきた後、邦画を解禁しました

アフタースクール、HERO、クローズ、恋空、これらの映画の批評をして
恋空にでてきた不思議な英語を紹介します


アフタースクール』今劇場公開してる大泉洋の映画ですが、これはおもしろい。
自分の上半期一位は『バンテージポイント』で決まりと思ってましたが、これはすごい。
パーフェクト・ストレンジャー』『シックス・センス』『ヴィレッジ』のような驚きが待ってます

HERO』ご存知去年の邦画ナンバー1、ちょっと先が読めてしまいましたが
まあまあ面白かったです。松たか子もうおばさんですね・・

クローズZERO』小栗旬に喧嘩キャラはどうですかねぇ
細すぎますよ・・・つまらなくはなかったですけど
でももう次回作決まったようです
クローズZEROIIてストリートファイターみたいですね・・・

恋 空』まあ中高生の好きな要素が満載ですね。不良の男と関西弁の慶應大生(映画では慶明大)、どちらも関東の女の子が好きですよね。
と斜に構えて見てましたが結局号泣




さて恋空にでてきた不可思議な英語ですがそれは
文化祭のシーンです。名前は忘れましたが「○○祭」と書いてある看板に

23th」と書いてありました(43thかも)

どこが変なのかわかりますか?

そうです本当なら23rdと「rd」をつけなければなりません

twenty thirdですからねtwenty threethではありません

しかしYahooやGoogleで検索したら
出るわ出るわ

「23th 22th 21th」のオンパレード

22nd= twenty second
21st=twenty first


21世紀に入りネット上でも激増した21th

21th centuryというのがたくさん出てきます

これから定着していくのでしょうかね??

ランボーで学ぶ英語
http://toeicjuken.seesaa.net/article/97731908.html
映画NEXTで英会話の勉強
http://toeicjuken.seesaa.net/article/96102178.html
クローバーフィールドで英語の勉強
http://toeicjuken.seesaa.net/article/95249144.html

唯一の休み月曜日(今日)見たDVDは
内村プロデュース~熟成紀
内村プロデュース~発酵紀
内村プロデュース~再生紀

お笑い好きにはたまりませんね。一気に全部見ました

↓超激戦の4、5、6位争い!!VS常野先生、日向先生、花田先生!勝つのは!?
人気ブログランキング



ラベル:映画批評 邦画
posted by morite2 at 10:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(2) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

ランボーで英語の勉強

ランボー最後の戦場がついに公開されました。この映画批評しないわけにはいきませんよね

まあ、全体的にIt grossed me out. 「気持ち悪くさせられました」
残酷(cruel)で気持ち悪い(gross)シーンの連続ですね

TOEIC前日で勉強しなければならないのですが
I couldn't help it.「我慢できませんでした」

TOEIC直前チェックをみたい人は昨日の記事を読んでください
http://toeicjuken.seesaa.net/article/97658671.html



結構期待してしまいましたが
メインのアクションシーンはラスト20分ごろから始まり
10分で終わってしまいます・・・

かっこいいところはやはりあの名ぜりふです

Live for nothing or die for something.

「ムダに生きるか何かのために死ぬか」

てことですね

明日のTOEICも「受けたくないなあ」て思っていかない人いますね
たぶん今読んでいる人の中にもいるでしょう

家で無駄に時間を過ごすくらいなら
次回のTOEICのために死んできてください(比ゆですよもちろん)


ちなみに

Live for something or die for nothing.

「何かのために生きるかただ死ぬか」ていうフレーズもネットで検索したらでてきました

そういえば
ダイハード4のアメリカ版のタイトルは

Live Free or Die hardですね

「自由に生きるか粘り強く生きる(なかなか死なない)」




ラベル:映画 ランボー
posted by morite2 at 01:52| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

映画NEXTで英会話の勉強

今日はニコラス・ケイジの映画NEXTを見てきました

ちょっと批評をした後映画に出てきたつかえる英会話表現についてみてみましょう

ストーリーはすごくおもしろかったですね。お勧めです

自分の大学での研究テーマが「時間」に関することなくらいこの「時間」がテーマの映画が大好きです

ここに挙げた好きな映画ランキングの大半は時間に関するものです
http://toeicjuken.seesaa.net/article/82437541.html

NEXTでは未来のことを既に見ているので未来のことなのに「過去形や現在完了形」で言っている場面が多くて面白かったですね


She was killed two hours from now.

「今から二時間後に彼女は殺された」


こういった感じの表現が続出します


では映画に出てきた使える表現を紹介します

それはkind ofです

「一種の」という意味のではなく「まあまあ、大体」のような意味のkind ofです

自分の中で英会話の力がどれくらいあるかないかを計る指標のうちの1つです

学校ではまったく習いませんが、日々の生活で耳にしない日はまずありません

この言葉を耳にしただけで僕は「この人留学してたんだろうな」と思います


He is kind of cool(/He is kinda cool).

「彼はまあまあかっこいい」


"Do you like it?"

"Kind of (/Yeah I kind of like it)."


「気に入った?」
「まあまあ」


後ろが子音で始まる場合は「kinda」のように発音されます


映画では


I'm kind of going that way.

「大体おんなじ方面にいくわ」


てな感じで使われていました。


kind ofと同意語にsort ofがあります

kind ofほど使われませんが

留学中、ある大学院生が始めて大教室で先生の代わりに授業をしたとき
その人は2文に一回は「sort of」と言っていました

あの日ほどこの表現を耳にした日はないですね

kind ofもsort ofも強さを弱めるだけなので何の意味もないものfiller(つなぎの言葉)として使われます

こういったものが使えるとネイティブにぐっと近づきます
日本語でも「えー、あのー」てこういうのが聞こえるとすごく自然な日本語に聞こえるんです。逆にないと不自然に聞こえるんです


So, you know, it's kind of like, I just...

なんて感じで話し始められるとすごくネイティブぽいですね
(文の意味はほとんどありません)

「あのー、えっとさー俺ってさあ・・・」見たいな文です




ラベル:英会話 NEXT 映画
posted by morite2 at 01:26| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月01日

クローバーフィールドで英語の勉強

クローバーフィールド見てきました

今月見た映画の簡単な批評をした後映画に出てきた使える英語表現を紹介します(TOEICにもでる・・かな?)

クローバーフィールド
(Cloverfield):

まあまあ面白いと思いましたが日本人向きでないopen endingなので納得のいかない人が多かったでしょう。これから見る人はopen endingの意味を調べないようにしてください

パーフェクトストレンジャー(Perfect Stranger):

ブルースウィルス最近twist movieによく出ますね(ラッキーナンバー7, 16ブロックなど)。確かにこいつは予想もしない結末が待っていました

エバンズオールマイティー(Evan's Almighty):

キリスト教の文化とアメリカ文化を知っていないとちょっと楽しめないコメディーですね

プロジェクトBB

ジャッキーチェンの香港映画です。進化し続けるアクションは面白いんですが、ストーリーを重視しすぎな感が・・・もっとアクションがほしい

Sorority Boys:
日本では未公開です。TOEFLを受ける人は知っておいたほうがいいアメリカ文化がわかります。いずれsorority, faternityについては解説します

その他の映画についてはまた後日紹介します

さて今日の使える英語表現は
freak outです

映画では

That freaked me out.

映画では「マジびびった」て感じで使われていました
thatが指す内容は映画の中身に関わるのでふせておきます

freak out 自動詞でも他動詞でも使えます

「気が狂う、気を狂わせる、驚く、驚かせる」て感じです

There were so many cockroaches in my room, so I really freaked out.

「部屋にゴキブリがたくさんいたから、おかしくなっちゃったよ」


freakは名詞でも「変人」ていう意味でよく使いますね

He is such a freak.

He is such a weirdo.

どちらも「あいつは変人だな」て意味です

前にweirdは紹介しましたね
http://toeicjuken.seesaa.net/article/94575374.html

他に今月見た映画は忘れてしまいました・・・
その他の映画関連はこちら、一応TOEICにも役立つような英語の解説がしてあります

バンテージポイントで学ぶ英語
http://toeicjuken.seesaa.net/article/89342680.html

Junoで学ぶスラング
http://toeicjuken.seesaa.net/article/86904705.html

マトリックスで学ぶTOEIC文法
http://toeicjuken.seesaa.net/article/91645420.html

3月の映画批評
http://toeicjuken.seesaa.net/article/91770286.html

2月の映画批評(Jumperで学ぶ英語)
http://toeicjuken.seesaa.net/article/87425517.html

1月の映画批評(ライラの冒険メイン)
http://toeicjuken.seesaa.net/article/82432782.html

posted by morite2 at 01:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月01日

3月映画批評: 嵐の二ノ宮の記者会見と通訳

3月はTOEICの勉強と映画三昧でした

昨日もいいましたが映画はリスニング力を保つのに
本当にいいものです

『硫黄島からの手紙』はちょっと期待しすぎました。前評判が高かったためでしょう。



PCで見ている方は嵐の二ノ宮君などの(英語の通訳つき)インタビューが上のサイトで見れます(最後にフランス語もでてきます)

通訳の人かなりすごいです。フランス語が分かった自分に驚きです

『父親たちの星条旗』Flag of Our Fathers
は逆に期待していなかった分楽しめました

硫黄島に掲げられた星条旗にあんなドラマがあったなんて・・・

『Zodiac』
カリフォルニアに実在した殺人鬼ゾディアックを描いた映画は様々あるがこの暗号を解いた人物に視点を置いたこの作品はかなり面白い

Vacaville(彼女の出身地), Tijana(国境地帯のメキシコの町)と
僕になじみの地名が字幕では訳されていなかった・・・

『バンテージ・ポイント』
これは前にも書いたとおり傑作です!

バンテージポイントで学ぶ英語
http://toeicjuken.seesaa.net/category/4648696-1.html


『Music and Lyrics (ラブソングができるまで)』

そんなに波がなくてちょっとがっかり

『Happy Feet』
ハチのやつとかなり似ている気が・・・

『A.I. Assault (Shockwave)』
つまらない・・・

『Disaster Zone: Volcano in N.Y.』
最高につまらない、CGも最悪

『Waterborne』
テーマはなかなかいいが『BABEL』のしょぼい版に見えて仕方ない

『The Terminal』
不朽の名作です。モデルになった人は病院に入っちゃいましたね

『ブレイブストーリー』
声優が有名人だらけで、なんかあまりストーリーに集中できなかった

『Superman Returns』
アメリカで最初に見たときはスーパーマンがドラゴンボール的強さだというのを知らなかったため、あまりの強さにポカーンとした。今回はストーリーに集中した。世界最強のストーカーの話ですね


『マトリックス』三部作
これも傑作です。テーマも演出もすばらしい。
(やっぱり一作目が一番かなぁ)

マトリックスで学ぶ英語
http://toeicjuken.seesaa.net/archives/20080331-1.html


1月の映画批評:燃えよピンポン、ライラの冒険他
http://toeicjuken.seesaa.net/archives/20080102-1.html

2月の映画批評:ジャンパーから学ぶ英語
http://toeicjuken.seesaa.net/article/87425517.html

Junoから学ぶ英語スラング
http://toeicjuken.seesaa.net/archives/20080225-1.html


テクノラティプロフィール
ラベル:通訳 二ノ宮 映画
posted by morite2 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

バンテージポイントで学ぶ英語

観てきましたバンテージポイント(Vantage Point)

おもしろかったです。おそらく自分の中では上半期1位になるでしょう
「ライラの冒険」「ジャンパー」「L」よりも
はるかに面白かったです

同じ時間、場所を色々な人の視点から描くこの映画
時間ムービーが好きな僕にはたまりません

vantage pointとは

a good position from which you can see something
(ロングマン英英辞典)

「何かが見えるいい位置」という意味です

この意味は映画を観ればよくわかります

「BABEL」と「Bobby」を組み合わせたような映画ですが
それらとはまた違った面白さがあります
http://toeicjuken.seesaa.net/article/87425517.html
↑Bobbyについてはここに書いています

しかも90分で終わらせる

「8人の目撃者」と広告にはありますが、実際は8グループの視点です
途中何度も巻き戻しされるため
「またか、もういいよ」と思うかもしれませんが
謎がだんだん解けていくのと同時にすごくドキドキしていきます

カーチェイスも圧巻です
そして最後に観客は涙します

IMDbというデータベースにある
Goofs(へま)の欄にある英語を紹介します

Goofsとは昔「ダウトを探せ」という番組が扱っていたような
映画の中にでてくる間違いのことです

映画ジャンパーには
銀座駅の地下から地上にでるとそこは渋谷という
ふざけたfactual errorがありましたね
今回のバンテージポイントでは

Towards the end of the movie, there is a stop sign that says "Alto." Stop signs in Spain say "Stop."

「映画の最後のあたりで、「止まれ」の交通標識が「Alto」になっていたがスペインでは「Stop」である.」

おもしろいトリビアですね

英語のhalt(停止)とスペイン語のaltoは同じ語源です
手元にある西英(Spanish English)辞典の訳もhalt, stopとなってますね


WOWOW【e割】ネット手続きで4月末まで1,200円で見放題!


ラベル:英語 映画
posted by morite2 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

2月の映画批評とJumperから学ぶ英語

2月にみた映画批評(Jumper, L, Junoを中心に)
とJumperに出てくる使える英語表現を紹介します

Jumper
ストーリーは全くおもしろくない
しかし、瞬間移動をして戦うというアクションは見ていて爽快
アクションを楽しみストーリーはどうでもいいダイハード的映画
http://www.imdb.com/title/tt0489099/
Jumper
L change the World
前二作のような心理戦や漫画と違うtwist(どんでん返し)などはない
サスペンスにホラー要素やハリウッド的アクションを入れたものになっている
笑えるところは多かった。韓国の映画館でも笑い声、「かわいい」という声、涙をすする音が聞こえてきた
松山ケンイチの英語はとにかく下手すぎ
http://www.imdb.com/title/tt0489099/

Juno
前にも書いたが14才の母のような話だと思ってみると全然違って
拍子抜けしてしまう
ストーリー的にはアメリカ人受けすること間違いなしな内容
http://www.imdb.com/title/tt0467406/

ライラの冒険などについては
一月の映画批評を参照してください
http://toeicjuken.seesaa.net/archives/20080102-1.html

ではJumperにでてきた使える台詞を紹介します

Paladins kill Jumpers, I kill Paladins, class dismissed.

Pladin達はJumperを殺そうとする集団なのですが、

「パラディンはジャンパーを殺すし、俺はパラディンを殺す
はい授業は終わり」という意味です
韓国でこの映画を見たので、日本語の字幕ではどうなっているのか情報をお待ちしております

class (is) dismissed 「授業はおしまい」

とっても使える表現です

dismiss は「解散する・解任する」

という意味でTOEICにはよく出てきます

そのほかに見た映画

The Holiday
http://www.imdb.com/title/tt0457939/
家を交換するという発想は面白いのだが
その分あとのストーリーが読めてしまうのが残念
感動はそこそこ。音楽は最高

Bobby
http://www.imdb.com/title/tt0308055/
顔ぶれを見ればわかるが、ベテランと若手の豪華キャストがずらりと並んでいる
かなり長くて余分な部分も多いがラストのところで一気に引き込まれるだろう
こんな歴史があったとは

King of California
http://www.imdb.com/title/tt0388182/
期待してみてしまって大失敗だった
ぜんぜん笑えなかった・・・途中で寝てしまった

BABEL
http://www.imdb.com/title/tt0388182/
見るのは二回目だがwowwowでやってたので見てしまった

様々な言語、場所、時間が錯綜し
最終的に4つの点が1つの線になる
少し長いが一見の価値はあり

DOA (デッド・オア・アライブ)
http://www.imdb.com/title/tt0398913/
予想通りおもしろさのかけらもないです

Cruel Intentions
http://www.imdb.com/title/tt0139134/
酷いストーリーです 99年にはすごく人気があったようですが

Cruel Intentions 2
そしてすぐ続編が出てクオリティーが激落ちしました

WOWOW【e割】
ネット手続きで
4月末まで1,200円で見放題!

http://www.imdb.com/title/tt0196267/
ラベル:映画 jumper 英語
posted by morite2 at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(4) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月01日

好きな映画ランキング

2005年〜2007年に見た映画の中からベスト10を選びました

言語と時間表現が自分の研究テーマのせいか
基本的に時間映画が好きです
1位:デジャヴ
 デンゼルワシントンの傑作



2位:Premonition

 日本では公開していませんが大好きなTime Movie 号泣しました
 DVDアメリカで買いました

3位:バタフライ・エフェクト
人生をやり直せるてのは永遠のテーマです


4位:I Now Pronounce You Chuck and Larry
 日本未公開のコメディー。風刺の要素をたっぷり含みながらも
 初めから終わりまで笑いっぱなしでした
 今度アメリカに行くときにDVD買ってきます

5位:Run Lola Run(ラン・ローラ・ラン
 革命的なドイツ生まれのタイムムービー
 (なぜか慶應の図書館に入ってますね)

ここまでが5つ星の映画です。


6位:Click (もしも昨日が選べたら
 号泣必至のタイムムービーです

7位:The Family Man(天使のくれた時間)
 6位のClickに似ていますがこちらも泣けます

8位:Lucky Number Sleiven(ラッキーナンバー7
 ブルースウィルスの傑作twistムービー

9位:The Departed(ディパーテッド
 高評価を受ける納得の映画です

10位:The Bourne Ultimatum(ボーン・アルティメイタム
 長時間飽きずに見られる演出はさすが!
ラベル:ランキング 映画
posted by morite2 at 00:13| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする