2017年04月18日

新TOEICの難しさ

新TOEICの難しさ

エッセンスに新形式IPについてのお知らせのページができていました
http://www.essence.co.jp/topics/2017/04_09_15_30_00.html
セミナーと共によろしくお願いします
http://www.essence.co.jp/topics/2017/01_28_20_00_00.html

昨日は今学期初のTOEIC授業でした

TOEICの現在の形式について説明しました

改めてどのようにTOEICが変わったのかを見るとやはり難化したことがわかります

Part 1 6問 (<10問)

Part 2 25問(<30問) 難問の割合が増える

Part 3 39問13セット(<30問)

Part 4 30問10セット(変化なし)

グラフィックス問題はPart 3, 4の23セットのうち5セット

Part 5 30問(<40問)速く解ける問題が減少

Part 6 16問(<12問)文挿入が増えより時間のかかるパートに

Part 7 54問(<48問)読む量が増加。トリプルパッセ―ジが登場

シングルパッセージ
2問付4セット(<3セット)
3問付3セット(<3セット)
4問付3セット(<2セット)
5問付が消滅(<1セット)

マルティプルパッセージ
Wパッセージ 5問付×2セット(<4セット)
トリプルパッセージ5問付×3セット

昔の時間配分
Part 5 1問20秒で13分程度
Part 6 1問30秒で6分
Part 7 1問1分で48分
67分で8分余り

このペースで今のものに当てはめると
Part 5 20×30問=10分
part 6 30×16問=8分
Part 7 1分×54問=54分
合計72分で3分余り

となります

しかし、実際は読む量が増えたため、ほとんどの人が終わりません

旧形式でも終わらなかった人が多かったのに対して、新形式では終わらない人がより一層増えたことが予想できます

こういったことを教えれば教えるほど痛感しました

300〜600点台の人への教え方を再考しようと思っています

そのためにはTOEICを受験して分析を続けたいと思います

↓TOEIC受験応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 12:02| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEICコツとテクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月27日

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 2

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 2

前にこのブログでも紹介した

公式 TOEIC Listening & Reading 問題集 2
の予約がはじまりました

はたしてどんな内容になっているでしょう?

おそらく、多くのTOEICマニアが予想しているように、韓国ですでに発売されている本の問題が2セット分入っているだけだと思います

また、アマゾンのレビューに、がっかりしたというのが殺到するかもしれませんね

ただ、一般の受験者には関係ないですからね

普通の受験者で韓国本をわざわざ買う人はいないです
(解説読めないですし、買い方も知らないでしょう)

なので、この本も爆発的にヒットをするでしょうね

もし、韓国の既刊の本にある問題が使われるとなると、前にブログに書きましたが、新形式の問題はETSではなく韓国のYBMが作った問題です

非常に残念です

TOEIC受験をする以外、ETSが新しく作った新形式問題に出会う方法はないわけです

やはり問題分析をするには受験し続ける以外ありません

今週末も受けます

受験される皆様がんばりましょう!

↓TOEIC受験もブログも応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


posted by morite2 at 12:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEICコツとテクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年09月10日

TOEIC新タイプ問題を英語で言うと

TOEIC新タイプ問題を英語で言うと

トリプル10の改訂版の執筆がはじまりました
41t1oKYrguL._SX348_BO1,204,203,200_.jpg

今回もダンが問題制作を担当します

そこで、きちんと問題タイプの呼び名を確認しておく必要がありました

ダンの用語はこんな感じです

Part 3/4

ABAB+ (more than four exchanges)
発言の回数が4回以上

ABC (three speakers)
話し手が3人

MiCQ (meaning in context question)
文脈で意味を問うもの

Graphic (map, coupon, list, floor plan, etc.)
視覚情報


Part 7

TMC (text message chain)
テキストメッセージ

OCD (online chat discussion)
チャット

SPQ (sentence placement question)
文挿入箇所問題

TP (single passage)
トリプルパッセージ

良い問題が出来上がるようがんばります!

↓ブログも執筆も応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

posted by morite2 at 17:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEICコツとテクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月10日

新形式TOEIC口語表現は覚えていくべきなのか?

新形式TOEIC口語表現は覚えていくべきなのか?

新形式になり、話し手書き手の意図を問う問題が出題されるようになりました

これにより、口語表現を覚えていく必要があるのか?

どうやって覚えていけばいいのか?

といった質問を受けるようになりました

結論から言えば、覚えられれば覚えられるにこしたことは無いけれど
そのためだけに勉強するのはあまり効率のいい勉強法とは言えません


意図を問う問題は今の所、基本は文脈から解答を出すものです

仮に表現の意味を知らなかったとしても使用されている文脈がわかれば解けます


だから、普通に読む、聞くの勉強をしていく方が、何が出てくるかわからない口語表現を予想するより効果的です

また、その表現を知っていたとしても文脈がわからないと正解は選べないわけですから、表現だけ覚えていく学習はあまり意味がないと思います


↓TOEIC対策ブログ応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


posted by morite2 at 19:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEICコツとテクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月18日

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編発売開始

いよいよ今日が発売日です

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編

アマゾンではさっそく1位になり、さっそく売り切れ

楽天でも語学書部門いきなり1位で売り切れ



リアル書店を3つ回りましたが、どこも置いていなかったです

大きい書店なんですけどね

20日に入荷しますけど、入荷数も決まっていないです

と言われました

すぐにでも手に入れたい人がたくさんいるのに、リアル書店では需要がそんなにないんだなぁと感じました

仕事が終わったら、もっと大きな書店を回ってみます

これを手に入れないことには、新たな形式の問題作成にとりかかることができないのでなんとしても手に入れます!

無事手に入れ解きました。最速レビュー!と思いましたが、まだ手に入らない人が多そうなので
明日のブログに書きます(なるべくspoilerにならないようがんばります)

↓執筆、分析、ブログの応援よろしくお願いします。
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

posted by morite2 at 11:53| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | TOEICコツとテクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年01月12日

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編2月18日発売

TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編2月18日発売


2月18日にいよいよ発売されます

新しい公式問題集

ようやく今日発表になりました


TOEICテスト公式問題集 新形式問題対応編



Vol. 7という名前になるのではと噂されていましたが

アップデート発表会では「新形式だと分かる名前にする」と言っていました

やはり後ろに「新形式」とつけてきましたね

自分の本は新形式TOEICでいこうかなぁ。。。

他の著者たちと出版社と会議を開く必要がありそうです

では、模試作成に取り掛かります

↓新形式TOEIC情報応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 12:02| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEICコツとテクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月24日

TOEICニュージーランド受験記1

TOEICニュージーランド受験記1

ニュージーランドでは毎月TOEICが受験できます

語学学校で行われるようなのですが、申請は直接学校にします
http://www.pro-match.com/toeic/For_Students/Public_Testing_New_Zealand.html

今月はちょうど、クイーンタウンからオークランドへ飛行機で戻る日だったので受けられないかと思っていたのですが、空港からオークランド市内までは意外と近いとわかったので受験することにしました

支払いはテストの2週間前までにとあったのでダメかと思ったのですが、
学校に問い合わせたら大丈夫でした

しかし、学校に行って支払いを行えるのが、オークランドからクライストチャーチ行きの飛行機に乗る日の朝だけでした

ランドリーが乾いていないのにチェックアウトし、タクシーに乗って学校に行きました
http://toeicjuken.seesaa.net/article/424602509.html
(こないだのランドリーに関する記事)

8:30に開くとあったのですが、受付に行くと8:45からとあります

メールでやりとりをした人はいつ来るのかドアを開けたスタッフに聞くと9時とのこと

「10時25分のフライトでタクシーを待たしている
メールで8時半に来て支払えと言われた」

と伝えると、上から受付の人を連れて来てくれました

230ドル(18000円くらい)という高値と証明書代金、日本への送料、クレジットカード利用料で
280ドル以上(2万3千円)という破格のお値段になりました

あとは当日、パスポートと鉛筆と証明写真を持って行くだけです

証明写真はアメリカもそうですが薬局などで撮ってくれます

スピード写真の機械は日本と中国くらいしか見たことがないです


これだけの高額を払ったので絶対受けたいです

飛行機が遅れないことを願わなくては。。。

↓海外TOEIC受験応援クリック待っています
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 11:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEICコツとテクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月18日

TOEICの変化?イギリス英語の増加

TOEICの変化?イギリス英語の増加

前回のTOEICで気が付いたことの一つに

イギリス英語の表現ががっつり出てきたことがあります

リスニングには

apartmentではなく

flatがでてきました

自分はTOEICで初めて聞きました

他にもリーディングで気になったことに

手紙の冒頭に

Dear Sir or Madam

が出てきたことがあります

TOEICといえば

アメリカでよく使われるTo whom it may concernがおなじみですよね

しかし、前回はDear Sir or Madamが登場しました

これは、イギリスではよく使われる表現で

ケンブリッジ英検ではこの表現がよく出てきます

これからさらに増加していくのでしょうか?

来年も目が離せません

↓TOEIC分析応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 11:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEICコツとテクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月30日

韓国のTOEIC公式本2014

韓国のTOEIC公式本

何冊か買ってきましたTOEIC公式本

8月に韓国に行く予定だったので買わずにいました

toeic韓国公式本.JPG

写真の真ん中には

公式の最新既出単語帳

公式実践書1000題

Part 1の写真の中には、実際のテストに出てくる人たちも写っています

そして、左右にはPrepシリーズの改訂版。

それぞれリーディング・リスニングとあります

韓国の公式本は数が多いですね

TOEIC Starter 2冊

Prep book 2冊

VOCA 1冊

公式実践 リスニング・リーディング・LC+RC 計3冊

既出問題集

公式問題集 5冊

合計14冊もあります

さらにTOEIC Speakingの公式本も4冊あります

TOEICは国家試験で、英語力の基準としても使われたりしているそうです

韓国のTOEIC熱はまだまだ収まりそうにないですね

↓TOEIC情報お届けするので応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 11:37| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEICコツとテクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月07日

TOEICは変わる?ETS英語能力リサーチ

ETS英語能力リサーチの歴史
を調べてみました

第1回の情報は見つけることができませんでした

●第2回2004年11月21日(日)
謝礼:図書券3000円分
午後に2時間

この時に新TOEICを実験したのか?
情報はありません

そして1年6か月後

●2006年5月28日(日)
新TOEIC開始

●第3回2006年10月29日(日)
謝礼:図書カード2000円分とSWの公式問題集
10:50−12:50

新TOEICが実施されたことと関係があるのか?

または、パート6の[3問×4セット]への変更を試したのか?

●第4回2007年12月16日(日) 青山学院大学12号館
謝礼:図書カード4000円分

行った理由はいったいなんだったのでしょう

●2013年12月
韓国で同じような実験的試験が実施される

●第5回2014年2月2日(日)
2時間半+アンケート
謝礼:アマゾンギフト券3000円分

新形式へ移行するための実験?

Part 1形式がなかったという情報もありました

Part 1, 2特急3の執筆を断ってよかった

2015年下半期新・新TOEIC開始?
もしくは、2006年から10年後の2016年?

なんにせよ、現在書いているTOEIC本2冊以外の
すべて執筆を断っていたのでよかったです

しかし、新TOEICという名が使われてもう8年近くになるんですね。。。。

それぞれのリサーチの情報をネットで探していて思ったのは

謝礼や試験に関する情報量などの違いがおもしろいです

時代の流れを感じます

引き続き調べていきます

↓調査応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 12:31| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEICコツとテクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする