2016年12月19日

韓国TOEICの書き込み許容

韓国TOEICの書き込み許容

日本ではTOEIC試験中にメモを取ることを禁止です

線を引いてもいけません

テストブックレットにいかなる書き込みも許されていません

それに対して、韓国では完全に許容されています

それどころか、TOEIC講師たちはメモを取ることを推奨します

どういったメモ取りなのか?

昨日の受験で多少わかりました

まずディレクションが始まると、ほとんどの人がPart 3, 4の設問に丸を付けたり下線を引いたりします

おそらく、名詞や動詞にだと思いますが、正確には不明です

隣の人はPart 1に何かを書いていました

テストが始まるとメモの正体がわかりました

写真の横にABCDを書いていたんです

日本では、鉛筆を動かして、○×の判断をするものを
書き込みがokなので、問題用紙に書いたアルファベットに斜線と○を書いていくんです

その線を書く音がとてもうるさいので、音だけで何をしているのかがわかりました

Part 2でも、同じように消去法のメモの音がずっと聞こえます

自身がある時とない時の音の大きさの違いが面白かったです

Part 2では、間違った選択しに○をしたり、あっているものに斜線を引いたりするたびに
「あーあ間違ってるよ」と思いながら、解いていたので不思議な受験体験でした


リスニングの消去法を書き込んで行えるなんてずるいですね。。。

やはり、日本と韓国の公開テストの点数はルールが違いますし、受験者の状況も違いすぎて比較が難しいです

TOEICの先生たちにも会ってきたので、いろいろな衝撃事実を聞かされました

TOEICに関する知識が桁違いです

日本のTOEIC講師が知らない事実を韓国に行くたびにたくさん知ることができます

ほとんど言えませんが、明日は一つだけご紹介します

↓TOEIC情報応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 12:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

16年最後の韓国TOEIC受験へ

16年最後の韓国TOEIC受験へ

着きました成田空港

これから韓国に向かいます

初めて第2ターミナルに端っこから出発します

なかなか歩きますね

朝は電車が遅れていて、成田空港に向かう電車スカイライナーに乗り遅れるかと思いました


朝から焦りました

現金5千円しか持ってきていないのにもう半分以上使いました(笑

前回韓国に行った時のウォンの残りがあるので多分大丈夫だとは思います

嬉しかったのは



ターミナルの本屋に特急シリーズを置いてくれているなんて!

明日のTOEIC受験頑張ります!

↓海外受験も応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 11:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月08日

来年の目標(英語力UP)

来年の目標(英語力UP)

河合塾のレギュラー授業がすべて終了しました

まだ、補講があるので明日も授業をしますが、あっという間でした

もう来年度の授業も徐々に決まってきました
http://morite2.com/

来年の目標もいろいろと考え始めました

来年は語学力UPをはかりたいと思います

少ししゃべる機会を増やそうと思います

予備校の授業があるので、読む時間はかなり増えたのですがしゃべる時間が減っています

今はネイティブとの打ち合わせ、授業2クラスを英語で行っているので、週に3日はしゃべるのですが、毎日しゃべっていたころと比べるとやはり少ないです

何らかの形で機会を増やそうと思います

来年度の授業の時間がすべて決まらないと

学校に行ったりするのか、オンライン英会話をするのか、何か英語の試験を受けるのかといったものは決められないのですが

せめて、カナダにいたころの英語力に戻したいというのが自分の中で日に日に大きくなっていっています


毎月TOEFLを受けるのは継続するかわかりませんが(円安で大打撃です)やはり、結果を出していくときに来ていると感じています

ただただ分析のために受けるだけではなく、しっかりと対策して結果を残さなければならないと感じ始めています

来年、もう一歩先に進みたいと思います

がんばります!

皆さんも語学学習一緒にがんばりましょう!

↓語学学習ブログも応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


posted by morite2 at 11:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月07日

今週末は2016年最後のTOEIC公開テスト

今週末は2016年最後のTOEIC公開テスト

時間がたつのは本当に早いです

もう、2016年最後の公開テストが数日後に迫ってきました

今年はTOEIC業界にとっては非常に大きな年でした

5月には形式が変わり

その後名称もTOEIC Listening and Readingに変わりました

なぜ同時にやってくれなかったんだぁ!

これから、本に付いている「新形式対応」というフレーズが古臭く聞こえるようになってくるんでしょうね(泣)

そんな記念すべき年の最後の公開テストに向け、気合いが入ってきました

それどころか、もっと受験したいと思ったので、韓国で来週受験してきます

16年あと2回全力で受験したいと思います

今週末受験される皆様一緒に頑張りましょう

↓TOEIC受験もブログも応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 12:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

英語で英語を教えられるのか

英語で英語を教えられるのか

予備校の木曜日の授業が終了しました

この授業はもっとも上のクラスだったのですべて英語で行いましました

和訳問題もあるので、日本語をまったく使わないということはできませんでしたが、基本和訳の説明も含めて英語で行いました

英語で授業をすること自体は、大学や専門学校のTOEIC授業でもやっていたので、抵抗はなかったのですが、大学受験の教材を英語で教えるのは初めてでした

レベルの高い文や、語句を別の表現に言い換えて説明するので、自分自身も説明する力、言い換える力が上がった気がします

英語を英語でうまく教えることは、初級者の生徒にも可能です

ここを批判の対象にする人が多いですが、ナンセンスです

まったく英語のしゃべれない人に英語だけで行う授業はアメリカでも見ていますし、韓国語が全くできなかった自分はゼロから韓国語だけで学んでしゃべれるようになりましたし、多くの日本語をしゃべれない外国人がゼロから日本語だけで学んでいるのを見ています

問題は先生側の能力です

英語を英語で教えるには相当の英語力が必要です

これは、教えながら感じました

この表現を、日本語を通さず言い換えるのは至難の業だなぁと感じる場面は多々ありました


なにはともあれいい経験になりました

また、来年度も週2日は英語だけで行う授業をする予定です

今年気が付いたことをいろいろと活かし、来年の授業をより良いものにしていこうと思います

↓ブログも応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ



posted by morite2 at 12:16| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

上にあがるには

上にあがるには

フルタチさんに武藤先生が登場し、やっぱり同業者の予備校講師たちからの批判がガンガン出て来ています

完全な予想通りです

テレビのディレクターの思うがままです

武藤先生自体もすごく批判されるだろうけど、関係ないと言ってました

テレビで映ったのは断片的な部分でしかないですからね

1週間分くらい密着したのに流れたのは10分程度ですから。。。

あの断片的な部分を見て、若手なのに古くさいことして何やってるんだ
(メディアリテラシーの大切さを再認識)

そんな若手には抜かれないとか古株の人たちが色んな批判をしています

どこの業界もそうですねぇ

はっきり言ってそういった人たちは一瞬で抜き去られると思います

というかほとんどが抜かれていると思います(毒)

テレビでは苦労している若手でしたが、武藤先生がいかに成功していて、これからのプランを持っているか知らないから皆批判できるわけです

古くさい予備校講師どころか、ふつうの予備校講師とは全く違うビジョンを持っています

受験生が大量にいた時代の栄光にしがみついているような人たち(毒舌)より、よっぽどきちんと少子化の中で生き残る方法を実践しています(オンエアは全くなかったけど)

自分は英語屋さんなので、大したことはできませんが、彼はビックになってくれると信じています

これから昇り竜になるところを、見守りサポートして行きます

信長を支える秀吉のように。。。(そしたら自分が美味しいとこ持っててしまいますね(笑))

どこの業界でも出る杭を打とうとする人はいるんですね

自分も打たれないよう気をつけます

ブロガーから、這い上がり登れるところまで登って行こうと思います

↓ブログ応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 12:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

講師も努力

講師も努力

昨日はフルタチさんという番組に、東進の安河内先生と武藤先生が登場しました

武藤先生の影の努力が見受けられたのでなかなか面白かったのではないでしょうか



前からネタ帳をつけているのは知っていました

見せてもらって面白いと思ったものは、自分も東進の合宿とかで使ったりしています
(スベッてもウケても、ちゃんと武藤先生が考えたものだと言っています)

心に残るようなキラーフレーズをエクセルにまとめてるというのはすごいですね

今年度の東進の激励メッセージビデオではキラーフレーズを炸裂させるそうなので期待です(笑)

自分の教えている映像を見て研究とか頭が下がります

たしかに、お家に行ったとき、東進で教えた授業の映像がすべてDVDでおいてありました
(僕は自分を見るのが嫌いなので、DVDは自分の授業風景のDVDは一枚も持っていません)

自分の教え方を見て、気づいたところをメモするなんて素晴らしいですね

僕ももっと努力しようと決めました

来年度は河合塾でも高3の早慶の授業など、勝負の年になりそうなので、頑張りどころです

英語力、問題研究に加え授業力を高めようと思います

生徒が努力するのに負けないくらい先生も努力する!

来年はこれを心に刻んで日々励んでいきます

↓ブログも応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 12:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

TOEIC批判再燃

TOEIC批判再燃

昨日はまた、脳科学者の茂木さんのTOEIC批判ツイートがTwitterを騒がせていましたね



それに対し自分は
また、TOEIC論争が過熱しそう。。。しても何も変わらないだろうけど
とツイートしました

Twitterでは文字数が限られていて書けないのでどういう意図だったか少し書きます

まず、TOEICを知らない人が批判したり、その批判に賛同するTOEICを知らない人たちを見てて、
うーーんという感じでした

教養英語推進派とスピーキング推進派
(この2つは別々になることがおおいですが茂木さんはこの両方のようですが)
とTOEIC推進派の人々が議論を重ねても双方が嫌な思いをするという悲しい結果になることが多いです

お互い耳を貸さないですからね

うまく使えばTOEICという教材も教養英語につなげることはできますし

スピーキング力を上げるものにつなげるのは簡単にできます

もちろん、TOEICを批判したい気持ちもわかります

無味乾燥な英文とか、点数を追いかけることが目的になってしまっているとか
それはTOEICが「好きでない人」にはそう思えるのは当然のことで、TOEIC好きの人たちが見えていない部分でもあります

しかし、完全に「悪」と決めつけていたら議論は進みません

昨日、ティームティーチングをしているネイティブが最後の授業で面白いことを言っていました

西海岸の人なので、トランプが大統領になるということに怒りを覚えていた人です

しかし、アメリカに一時帰国し、バーでトランプに投票した人と議論を交わしたそうです

賛同できないところは多かったけれど、互いに学ぶことは多く最後は握手をして別れたそうです

批判を受けることで新たに何かを構築することができるという西洋では当たり前の考え方です
(学問研究というものはそういうものですが。。。)

こういった建設的な対話がTOEIC英語に関してもできればいいんですけどね。。。

面と向かってならまだしもインターネットという場では難しいと思います

そんなことを考えた1日でした


↓TOEICブログ応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 11:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月17日

不遇の時代を乗り越えて

不遇の時代を乗り越えて

この間、予備校講師になりたいという人にこの業界について少し話をしました

憧れる人が結構いるのですが、安定しない大変な職業なのでまったく勧められません

売れている講師ばかりが目に入るので、華やかに見えますが、そういった人は一握りで、後はローンも組めない。家族を養うお金がない。でも転職もできない、という人がたくさんいます

自分も大手に入る前は様々なひどい待遇を受けてきました
(今の待遇がすごくいいかと言われるとそれも疑問ですが。。。さりげなく毒)

塾などでは個別も数人の授業でも生徒が休めば、時給は発生しません

3コマ連続ドタキャンなんていうのも味わったことがあります

80分×3=4時間拘束されて支払いゼロなんてのもありました

英語の先生ですが、英語の集団授業を持たせてもらうこともほとんどなかったです

別のとこでは、大量に模擬授業や研修をやらされ、ボロクソに批判されました

なんで、大した授業もできない人たちに(毒)こんなに批判されなければならないんだと苦しんだ時代もありました

今、あの東進講師は俺が育てたんだみたいに言われてたらと思うと、わなわなします(毒)

でも、今思うといろいろと勉強になったので結果よかったです

まだまだ苦しんだ思い出はたくさんありますが、その中でも自分の能力をかってくれ、いろんな授業を持たせてくれたNのHさんや、予備校Yには感謝しています

一番下のクラスも一番上のクラスもやらせていただきました

あの時の経験がなかったら、今の自分はないと思います

ここでのチャンスをくれた人たちとの出会いが大きかったと思います

実力だけではなく、こういった人や教えたいコマが空いているかといった運も大きくかかわる仕事です

こういった感じの話をしました

少し過去を顧みるいい機会でした

TOEIC業界ではご存知のかたも多いですが、このブログと神崎先生との出会いのおかげで今があります

感謝です

↓そんなブログも応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ











posted by morite2 at 11:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月10日

ヒラリーの敗北宣言全文

ヒラリーの敗北宣言全文

英語では、この負けた時のスピーチをconcession speech「敗北宣言」と言います

人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


トランプのスピーチと本当に全然違います
http://toeicjuken.seesaa.net/article/443706075.html




以下がスピーチの全文です
引用元


Thank you, my friends. Thank you so very much for being here. And I love you all, too!

Last night I congratulated Donald Trump and offered to work with him on behalf of our country. I hope that he will be a successful president for all Americans. This is not the outcome we wanted or we worked so hard for, and I am sorry that we did not win this election for the values we share and the vision we hold for our country.

But I feel pride and gratitude for this wonderful campaign that we built together, this vast, diverse, creative, unruly, energised campaign. You represent the best of America, and being your candidate has been one of the greatest honors of my life.

I know how disappointed you feel, because I feel it, too. And so do tens of millions of Americans who invested their hopes and dreams in this effort. This is painful, and it will be for a long time.

But I want you to remember this: Our campaign was never about one person or even one election. It was about the country we love and about building an America that's hopeful, inclusive and bighearted.

We have seen that our nation is more deeply divided than we thought, but I still believe in America, and I always will.

And if you do, then we must accept this result and then look to the future. Donald Trump is going to be our president. We owe him an open mind and the chance to lead.

Our constitutional democracy enshrines the peaceful transfer of power, and we don't just respect that, we cherish it. It also enshrines other things − the rule of law, the principle that we are all equal in rights and dignity, freedom of worship and expression. We respect and cherish these values, too, and we must defend them.

And let me add, our constitutional democracy demands our participation, not just every four years, but all the time.

So, let's do all we can to keep advancing the causes and values we all hold dear: Making our economy work for everyone, not just those at the top, protecting our country and protecting our planet, and breaking down all the barriers that hold any American back from achieving their dreams.

We've spent a year and a half bringing together millions of people from every corner of our country to say with one voice that we believe that the American dream is big enough for everyone, for people of all races and religions, for men and women, for immigrants, for LGBT people and people with disabilities, for everyone.

So, now our responsibility as citizens is to keep doing our part to build that better, stronger, fairer America we see, and I know you will. I am so grateful to stand with all of you.

I want to thank Tim Kaine and Anne Holton for being our partners on this journey. It has been a joy getting to know them better, and it gives me great hope and comfort to know that Tim will remain on the front lines of our democracy representing Virginia in the Senate.

To Barack and Michelle Obama, our country owes you an enormous debt of gratitude. We thank you for your graceful, determined leadership that has meant so much to so many Americans and people across the world.

And to Bill and Chelsea, Mark, Charlotte, Aiden, our brothers, and our entire family, my love for you means more than I can ever express. You criss-crossed this country on our behalf and lifted me up when I needed it most, even four-month-old Aiden, who traveled with his mum.

I will always be grateful to the creative, talented, dedicated men and women at our headquarters in Brooklyn and across our country. You poured your hearts into this campaign.

For some of you who are veterans, it was a campaign after you had done other campaigns. Some of you, it was your first. I want each of you to know that you were the best campaign anybody could have ever expected or wanted.

And to the millions of volunteers, community leaders, activists and union organisers who knocked on doors, talked to neighbours, posted on Facebook, even in secret, private Facebook sites, I want everybody coming out from behind that and make sure your voices are heard going forward.

To everyone who sent in contributions as small as $5 and kept us going, thank you. Thank you from all of us.

And to the young people in particular, I hope you will hear this. I have, as Tim said, spent my entire adult life fighting for what I believe in. I've had successes and I've had setbacks, sometimes really painful ones. Many of you are at the beginning of your professional, public, and political careers.

You will have successes and setbacks, too. This loss hurts, but please, never stop believing that fighting for what's right is worth it. Nothing has made me prouder than to be your champion.

Now, I know we have still not shattered that highest and hardest glass ceiling, but someday, someone will, and hopefully sooner than we might think right now.

And to all the little girls who are watching this, never doubt that you are valuable and powerful and deserving of every chance and opportunity in the world to pursue and achieve your own dreams.

Finally, finally - I am so grateful for our country and for all it has given to me. I count my blessings every single day that I am an American, and I still believe as deeply as I ever have that if we stand together and work together with respect for our differences, strength in our convictions, and love for this nation, our best days are still ahead of us.

Because, you know I believe we are stronger together, and we will go forward together, and you should never ever regret fighting for that.

You know, Scripture tells us, "Let us not grow weary in doing good, for in due season we shall reap, if we do not lose heart."

So, my friends, let us have faith in each other. Let us not grow weary. Let us not lose heart. For, there are more seasons to come, and there is more work to do.

I am incredibly honored and grateful to have had this chance to represent all of you in this consequential election.

May God bless you, and may God bless the United States of America.


非常に洗練されたスピーチです

ヒラリーの勝利演説、就任演説聞きたかった。。。

↓このブログのランキング
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 11:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする