2018年04月16日

新学期スタート 英作文添削の日々

新学期スタート 英作文添削の日々



いやあ焦りました

しょっぱなは東大文系クラスの英作文

授業中に和文英訳を2列文添削して、授業後に自由英作文を全部添削しています

50人超えてるので大変です

添削しないとなかなか力つかないですからね

東大特進の高1高2、先週の浪人生のオリエンテーションと添削添削の日々です

こういう問題にはこういう間違いが多発するというのがわかるようになりました

添削する側も進歩です

この後も東進の東大クラスで添削

明日も河合の国立クラスで添削

水金は早慶クラスで添削

土曜はTOEFL授業で添削

今年もまた赤ペンが活躍しそうです!

↓添削生活応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 12:13| 東京 ☁| Comment(0) | 4技能試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月08日

5月開講ネイティブが教えるSW授業

5月開講ネイティブが教えるSW授業

私塾で5月の毎週火曜日19時半〜21時

池袋でアメリカ人によるスピーキングライティングの授業を行います

英語試験の面接官でポイントを採点のポイントがよくわかっているアメリカ人ネイティブです

レベルはTOEFL, IELTS, 英検1級レベルです

毎回事前にライティングの課題を出してもらってすべて添削!

ひと月 2万4千円です

5月の予定は以下のようになっています

5/8 エッセイとスピーチ1

5/15 グラフ描写

5/22 要約

5/29 エッセイとスピーチ2

教材は自分も一緒に作成します

自分が受けたい授業をネイティブが作り上げます!

4月開講もできたのですが、質を重視して打ち合わせのため開講を遅らせました

こだわっています!

6月にも打ち合わせを重ねて行います

お申し込みは
morite2toeic"&"hotmail.co.jp
まで("&"を@に変えて)

頑張っていい授業作り上げます!

↓私塾の応援もよろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 11:26| 東京 ☀| Comment(0) | 4技能試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月06日

テスト実施の公平性をTOEICに照らし合わせて考える

テスト実施の公平性をTOEICに照らし合わせて考える

4技能入試のテストの公平性に関していろいろと問題が指摘されています

4技能でなくても2技能のTOEIC L&Rでも会場によって条件が異なるという公平性の問題はたくさんあります

自分は日本国内のいろんな会場、そして海外でも受験しているので痛感しています

リスニングの音声が、音質の悪いラジカセだったり、BOSEの高性能スピーカーだったりします

会場も学校だったりカンファレンスルームだったりします

この点で韓国は全部、中高の試験会場で、校内放送のスピーカーから流れるので日本より公平です

しかし、日本の試験はシールが貼られていて、試験開始の合図があるまで問題が見れません

韓国のものはシールがなく乱丁をチェックする時間があるので試験開始前に問題が見れてしまいます
とっても不公平です

日本は問題への書き込み禁止。韓国は黙認

アメリカでは会場により、禁止しているところと黙認しているところがありました
(ずっとパソコンでタイプしている試験官や、試験官がいない会場もありました)

カナダは絶対ダメで、自分で持ち込んだえんぴつすら使えません

日本は本人確認を開始前に1度行いますが、韓国では試験前とリーディングの試験中の2回行います

試験中にたしかめに来て、試験官が確認のサインを解答用紙にするのでとっても気が散ります

日本は午後に試験開始なのに対して、韓国は基本的に日曜が午前、土曜が午後開始

アメリカカナダは土曜日。以下はカナダのテスト開始時間。時差まで考慮されてます
Pacific Time: 10am
Mountain Time: 11am
Central Time: 12pm
Eastern Time: 1pm
Atlantic Time: 2pm
Newfoundland Time: 2:30pm

世界的試験と言っていますが、実は地域によってかなり違います

試験の公平性って保つのは本当に大変ですね

↓英語試験応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 12:00| 東京 ☁| Comment(0) | 4技能試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月27日

大学入試に使える外部試験決まる

大学入試に使える外部試験決まる

「ケンブリッジ英語検定」(ケンブリッジ大学英語検定機構)「英検」(日本英語検定協会)「GTEC」(ベネッセコーポレーション)「IELTS」(ブリティッシュ・カウンシルなど)「TEAP」(日本英語検定協会)「TOEFL」(米ETS)「TOEIC」(国際ビジネスコミュニケーション協会)の7種類に決まりました

言いたいことがたくさんありすぎます

8E6AFA32-F3AF-45A0-BEE9-23700813558E.jpeg

TOEFL 120点がC1でIELTSの8.5より下で、はるかに簡単なTOEIC LRSW満点、TEAP満点と同じ扱いだとーーー!

受験したこともない人が作るとこうなる。。。



これが申請された「24」の試験という謎の数字のカラクリかな?これで脱落した一つを足せば24だ。
結局この7つを細かく分けたもの+1を24試験と報道していたのか、ややこしい。なんだかんだで「1試験しか落とさなかった」「現状の英検は運営の仕方に変更要求」ということ以外は、まさに「出来レース」

TOEICはまったく基準を満たしていないのに選ばれました

1日で受験できないし、4つの技能も全然バランスが良くない

受験会場、受験機会が場所によってバラバラ

TOEFLは公平性の点で最悪

でもETSは、そんなことでは負けないんですよ。。。知ってはいましたが。。。

英検の受験形態も複数になり複雑化します

この後、中高に通っていないと受けられないGTECもそれでは浪人生が受験できないので変わります

その時に、英検の試験の呼び名とややこしいという問題が起こります(予言)

Benesseと英検が擦り合わせて名前を変更するかもしれません(英検の方は名前に仮が付いてましたし)

自分の仕事は増えるでしょうからそこは良いのですが、受験生にとっては良いこととは言い難いですね

試験の平等性が、既存の大学入試より遥かに低くなってしまうのが心配でなりません


↓英語試験ブログ応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 12:48| 東京 ☀| Comment(0) | 4技能試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月26日

GTEC CBT受験期18年3月

受けて来ましたGTEC CBT

思ったより長かったです

前はリーディングからでしたがスピーキングからに変わっていました

前はリーディング中にスピーキングをしている人がいてうるさいという苦情が殺到していましたがこれで解決です

問題点は実はまだ残ってはいますが。。。

感想

●スピーキング

話す時間が相当長い

その分準備時間も長い

これじゃメモ用紙にがっつり書いてそれを読むだけの解答が多くなってしまってテストとしてどうなの?

自分はこの準備時間がやることがなく退屈でした

喋る時間はたっぷりあるので、難しい語彙や複雑な構文の文もたくさん入れました

満点じゃなかったらびっくりします

●ライティング

時間がたっぷりあるので、見直しも何度もできます

タイピングはできた方が有利

終了時間前に先へ進んで終わらせました

●リスニング

1セット目でレベルを見るんでしょうね

難しいのがガンときます

先読みする時間が少ないのに4問も付いている

音声を聞いたあとだと時間が足らない

なので聞きながら設問選択肢を読むという荒業をしなければなりません

簡単な問題だと設問も少なく選択肢も短いので楽勝です

しかし、難易度の高いのは大変です

物理の理論とかさっぱりでした

3問に対して無駄に5分とか聞かなければならないのでぐったり

ライティングでは受験者の中で1番早く終わったと思いますが

問題を間違えまくって簡単な問題になって短い音声ばかりの受験者たちにガンガン抜かれたはずです

超長かった。。。

●リーディング

これも1セット目が難しい

どうせ長く難しくなって行くと分かっていたので

全部スキミングとスキャニングで解きました

一切精読してません

自分のリーディング時間残り40分のところから終わった人たちがどんどん退出していきます

前に受けた時と比べてかなり易しくなっていました

超難問がひとつもなかったです

20分残して終わりました

試験時間は約3時間と言われましたが、結構超えていました

できる人ほど聞く量、読む量が多く時間がかかるという辛い試験でした

↓英語試験ブログ応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ



posted by morite2 at 12:02| 東京 ☀| Comment(0) | 4技能試験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする