2016年07月22日

センター試験問題演習0607

センター試験問題演習0607

東進の合宿も2日目

自分もかなりしんどくなってきました

授業していない間は、入試問題分析をしているのでかなり体にきています

受験生に負けないようがんばります

それでは今日の問題です


I ------- go to the seaside this summer. I’ve had enough of the mountains.

@ rather

A would rather

B prefer

C would prefer


「この夏海に行きたいなあ。もう山はたくさんだ。」

選択肢にはratherとpreferを含む表現が並んでいる。

空欄の後ろにはgoという動詞の原形があるので、would rather+動詞の原形で「(むしろ)〜したい」という表現を作ればいいとわかる。

preferは(would)prefer to do「〜するのを好む」の形をとる。

---------------

補足

大学入試では

would prefer (that) SV(原形)

SがVするとよいと思う

という仮定法現在の形や

would rather (that) SV(過去形)

むしろSがVするといいのに

という仮定法過去の形が問われることがあります

では、入試問題分析にもどります

↓問題演習応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 18:54| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | センター試験問題演習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月10日

センター試験問題演習06追02

センター試験問題演習06追02

今日は英検の2次面接ですね

受験された方、これから受ける方がんばってください

では問題演習行ってみましょう

Grandfather explained ------- a kite.

@ me to make

A how to make

B to make

C for making


「祖父は凧(たこ)のつくりかたを説明してくれた」

選択肢にはmakeの様々な形が並んでいる。

explainは基本的に他動詞なので前置詞をとっているfor makingは不正解。

また、人や不定詞は目的語にとらないのでme to makeやto makeも不正解。

この中で唯一目的語になれるのはhow to makeという疑問詞+不定詞のかたまりである。

人を置く場合はexplain to 人 X、またはexplain X to人という形になる。

語注
kite 凧

------------------
TOEICでも動詞が人を目的語にとれるかどうかというのはよく問われるポイントですね


↓問題演習応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 12:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | センター試験問題演習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月07日

センター試験問題演習06追01

センター試験問題演習06追01

今日からこれもちょうど10年前の追試験の問題に入ります

How long have you and Keiko known ------- ?

@ each other
A together
B another
C other one


「あなたとケイコは知り合ってどのくらいになりますか?」

空欄には他動詞knowの目的語になる名詞が入るので、副詞であるtogetherは不可。

主語はyouとKeikoの2人なのでeach other「お互い」という代名詞を入れれば意味が通る。

anotherやother oneはone another「お互い」との混同を狙ったひっかけ。

----------------

ちょっとTOEICでも似たような問題が出てくることがありますね

あと、英作文なんかを見てて、気づくのはeach otherを主語の位置に置いてくる回答が結構あることです

「お互いが」と日本語で言えるからなのでしょうが、基本目的語の位置に置く名詞ですので注意してください

each other'sとすれば目的格でも使えます


↓問題演習応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 12:10| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | センター試験問題演習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月03日

センター試験問題演習0606

センター試験問題演習0606

久しぶりですねこの企画

Could you call me back if ------- not convenient for you to talk now?

@ we are
A it is
B you are
C I am


「もし今あなたの都合がよろしくなければ、あとで折り返し電話をくれませんか?」

選択肢には主語+be動詞が並んでいる。

空欄の後ろにある形容詞convenient「便利な・都合のよい」は原則として人を主語にできないので、it isが正解。

このitはto talk nowを指す形式主語。

語注
call X back Xにかけなおす

-----------------

受験では、人 is convenientの形はだめと散々教えますが、ライティングでしょっちゅう生徒たち書いてきます

また今回の問題のような「主語+動詞」という選択肢はTOEICではないかなぁと思っていましたが

前回のTOEICには出ていましたね

↓問題演習の応援もよろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 12:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | センター試験問題演習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月17日

センター試験問題演習0605

センター試験問題演習0605

さあ今日も問題演習行ってみましょう

今回はすこしレベルが高いですね

How did it ------- about that summer in Tokyo is hotter than it used to be?

@ come

A take

B happen

C occur


「どうして東京の夏東京の夏は以前より暑くなったのだろう?」

動詞が並んでいる。

空欄の後ろにaboutがあることと、itがthat以下を指していることからcome about「生じる」のcomeが正解だとわかる。

occurやhappenも「起こる」という意味だが、aboutはいらない。

takeはtake placeで「起こる」という意味。

---------------

いわゆる日本語で同じような意味になるものを並べたひっかけですね

TOEICでもたまにこういったひっかけはありますよね

↓問題演習応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


posted by morite2 at 10:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | センター試験問題演習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月14日

センター試験問題演習0604

センター試験問題演習0604

明日から東進の過去問演習の収録がはじまります

レギュラー授業の合間に準備頑張ります

時間がほしいです

さて今日の問題です


If the pain in your throat becomes worse, have it ------- at once.


@ check
A checking
B to check
C checked


「もしあなたの喉の痛みが悪化したら、すぐに診てもらいなさい。」

選択肢にはcheckの様々な形が並んでいる。

空欄の前のitはthroat「喉」を指すことが分かれば、その前のhave をhave X 過去分詞「Xを〜してもらう」の形をつくれば「喉をチェックしてもらう」となり意味が通る。

よってcheckedが正解。

<語注>
throat 喉

at once = immediately すぐに


仕事のスキマ時間を使って英語学習のように

これからも授業と授業のスキマ時間を使って、授業準備と教材作成という日々が夏休みまでずっと続きます

でもがんばります!!

スキマ時間にやる授業準備と教材作成のさらなるスキマ時間を使ってブログ書いています

↓そんなブログも応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 12:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | センター試験問題演習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月09日

センター試験問題演習0603

センター試験問題演習0603

もう梅雨ですね

時間がたつのは本当にはやい。。。

では、久しぶりの問題演習いってみましょう

Solving the problem was more difficult than ------- .

@ we had thought

A our thinking

B our thoughts

C we did


「その問題を解くことは、私たちが思っていた以上に難しかった。」

空欄の前にthanがあることから比較に関する問題だとわかる。

our thinking、our thoughtでは比較する相手が文中にない。

we didは代動詞didの指示対象がないので不適。

よって、we had thoughtが正解。

主節の文が過去で思っていたのはそれより前のことなので、大過去を表すwe had thoughtが使われている。

thanの後ろにthinkやexpectなど思う系の動詞が来ることがよくある。

語注
solve 〜を解く

-----------------

than S (had) expected

than expected

というのは確かにTOEICでもよく出ますね

↓問題演習応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 12:02| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | センター試験問題演習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月26日

センター試験問題演習0602

センター試験問題演習0602

ここ数日、過労と寝不足と季節の変わり目ということで、喉がやられてしまっていました

なんとか風邪薬と超厚着で乗り切りました

寝るときは真冬の装備で寝ました

今週末のTOEICのために意地でも回復します

さて今日の問題です

Mr. Suzuki gave up smoking for ------- of his health.


@ the care

A want

B aid

C the sake


「すずきさんは健康のために喫煙をやめた。」

選択肢には名詞が並んでいる。

空欄の前にはfor、後ろにはof+名詞の形があるのでthe sakeを入れてfor the sake of X「Xのために」というイディオムをつくればよい。

原因の「ために」ではなく目的の「ために」なので注意

他の選択肢の名詞はcare「注意・心配・配慮」、want「不足」、aid「助け」という意味。

----------------

たしかに英作文でこれをdue to「〜のために(原因)」で書いてくる生徒います

使い方に気を付けましょう

↓問題演習応援もよろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
皆様の応援が更新の糧になっています
posted by morite2 at 12:02| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | センター試験問題演習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

センター試験問題演習0601

センター試験問題演習0601

今回から2006年の問題に入ります


You must leave now; ------- , you will be late for your social studies class.

@ instead
A therefore
B otherwise
C accordingly


「あなたはもう行かないとダメですよ。さもないと、社会科の授業に遅刻しますよ。」

選択肢には副詞が並んでいる。

空欄の前部には「今出発しなければ」とあり、後部には「社会科の授業に遅刻する」とあるので、otherwise「さもなければ」を入れれば文意が成立する。

instead「代わりに」、therefore「それゆえに」、accordingly「それに応じて・したがって」も重要表現。

be late for X Xに遅れる

-----------

新形式TOEICになったら、この接続副詞という文の論理関係を示す語句はより重要になってくるのではないかと思っています

↓問題演習応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 12:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | センター試験問題演習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月11日

センター試験問題演習05追試10

センター試験問題演習05追試10

先週末のセミナー後はたまった教材作成と授業準備でものすごく忙しくなっています

週末の韓国TOEICまでには体調を整えられるといいのですが。。。

さて今日の問題です


What everyone hates most about driving in big cities is the time ------- to find a parking space.


@ it makes
A that makes
B it takes
C  that takes


「大都市で運転するのにみんながもっとも嫌うことは、駐車スペースを見つけるのに時間がかかることだ。」

選択肢には代名詞+動詞の形が並んでいる。

空欄の前にあるthe timeという時間、後ろのto不定詞がヒント。

正解はBのit takes。

この問題では、it takes <時間> to do「〜するのに<時間>がかかる」の時間の部分the timeが先行詞であり、関係代名詞の目的格whichで省略されている。

the time [which] it takes to find…という形になっている。

<語注>
What S V SがVすること
hate X Xを嫌う
parking space 駐車スペース

---------------

最近はTOEICでは文構造をきちんと把握していないと答えが出ない問題出ますよね

↓問題演習応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

posted by morite2 at 11:04| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | センター試験問題演習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする