2017年01月07日

センター試験問題演習07追09

センター試験問題演習07追09

2017年のセンター試験がいよいよ来週に迫っています

今日は自分もセンター試験対策の授業に行ってきます

それでは、今日の問題です

He had to make his article a little shorter ------- space in the newsletter.

@ because limited

A due to lack of

B in need

C instead of



「ニュースレターの紙面不足のために,彼は記事を少し短くしなければならなかった」

空欄の後ろには名詞があるので前置詞を選ぶ。

because limitedは接続詞+過去分詞(形容詞)、in need「必要とした」は副詞句なので、ここには入らない。

文意をとると「記事を少し短くしなければならなかった」とあるのでdue to lack of X「Xが不足しているのが原因で」を選べば「紙面不足のために」となり文意が通る。

due to X「Xが原因で」、とlack of X「Xの不足」という二つの重要フレーズを使った選択肢。

instead of Xは「Xの代わりに」という意味。

in needはbe in need of X「Xを必要としている」という形でよく出てくる表現。

-----------------

センター試験受験される皆様がんばってください!

そして、英語学習を続ける皆様がんばりましょう!

3月のTOEICはすでに申し込みがはじまっています

自分もしました。1月も3月も受験します

↓英語資格ブログ応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


posted by morite2 at 11:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | センター試験問題演習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月04日

センター試験問題演習07追08

センター試験問題演習07追08

はやいもので2017年のセンター試験まであと10日です

本当にあっという間ですね

今週末の土曜日には河合塾池袋校でセンター試験対策もやります

では、今日の問題です

Do you mind ------- here?

@ me to get to call

A me to make a phone call

B my getting to call

C my making a phone call


「ここで電話をかけてもいいですか」

選択肢にはcallを含む句が並んでいる。

空欄の前のmind「〜を気にする」の目的語になるのは、名詞または動名詞である。

人+to不定詞はとらないのでmet to get/makeは不正解。

動名詞の意味上の主語は所有格か目的格で表す。

「電話をかける」はmake a phone callなので、my making a phone call「私が電話をかけること」が正解。

------------

一応動名詞の意味上の主語が代名詞の場合はmyのような所有格にするのがルールですが、動名詞が目的語の位置にある場合はmeのように目的格にするほうが普通です

do you mind doing...?「〜するのを気にする」なので

「いいですよ」はNo(気にしません)

「嫌です」はYes(気に障る)

というのが入試ではよく出ます

実際の会話は間違っていても言い方や表情でどっちか分かります

応援クリックの少ない問題演習企画でした
↓ぜひ応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

posted by morite2 at 13:06| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | センター試験問題演習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月30日

センター試験問題演習07追07

センター試験問題演習07追07

今年最後の問題演習です


Things long ------- cannot be forgotten.

@ enjoyed

A enjoying

B have enjoyed

C to enjoy

「長い間楽しんだ物事は忘れないものだ」

選択肢にはenjoyの様々な形が並んでいる。

Things cannot be forgottenとすでに文自体は完成しているので、名詞を修飾する分詞が入る。

名詞thingsと「楽しむ」は受動関係が成立するのでenjoyedが正解。

things to enjoyというto不定詞が名詞を修飾する形はあるがlongを間に挟むことはできない。

今回はlong enjoyedというかたまりがthingsを後ろから修飾している。

-------------------

今年ももう終わりですね

あっという間でした

来年も問題演習企画応援よろしくお願いします

↓ブログの応援もお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ



posted by morite2 at 12:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | センター試験問題演習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月24日

センター試験問題演習07追06

センター試験問題演習07追06

さあ今日はクリスマスイブですね

明日は大阪、明後日から山梨、年明けは元旦から柏で授業します

体調を崩さないようがんばります!

出は皆さまにクリスマスプレゼントとして問題をプレゼントです


You should ------- to me when I warned you.

@ be listened

A be listening

B have listened

C listen


「私が警告したとき、言うことを聞くべきだったのに」

選択肢にはlistenの様々な時制が並んでいる。

問題文後半にwhen I warned youという過去を表す表現があるのでshould have listened「聞くべきだったのに」という選択肢の中で唯一過去を表しているhave listenedが正解。

should have 過去分詞「〜すべきだったのに(しなかった)」はセンター頻出表現。

語注
warn 〜に警告する

--------------------

↓問題演習もブログも応援よろしくお願いします

人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 12:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | センター試験問題演習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月09日

センター試験問題演習07追05

センター試験問題演習07追05

はやいもので、もうセンター試験まであと、35日と何時間です

本当に1年あっという間です

では今日の問題に行ってみましょう!

Let’s ------- anywhere tonight. There’s a good movie on television.

@ not go to

A don’t go to

B not go

C not to go


「今晩はどこにも行かないでおこうよ。テレビでいい映画がやるんだ」

選択肢にはnotとgoの組み合わせが並んでいる。

Let’sは後ろに動詞の原形をとり、否定の場合には原形の前にnotが入る。

よって、not go toとnot goに絞られる。

Let’sと動詞原形の間にnotを入れると「〜しないでおきましょう」という意味になる。

さらに、空欄の後ろのanywhereは副詞なのでtoはいらない。よってnot goが正解。

--------------------

この問題意外とできない受験生が結構いるんです

読者の皆様はできましたでしょうか?

寒くなってきたので体調管理に気を付けて

頑張れ受験生

週末のTOEIC受験される皆様がんばりましょう!

↓ブログも応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ




posted by morite2 at 12:07| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | センター試験問題演習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月30日

センター試験問題演習07追04

センター試験問題演習07追04

なんと、これがブログの3000記事目だそうです

継続は力なりですね

では久しぶりに問題演習いってみましょう

Hiroshi didn’t describe what happened in ------- ; he only told me the most important facts.


@ detail

A moment

B number

C place


「ヒロシは何が起きたかを詳しく説明しなかった。彼は最も重要な事実だけを私に語った」

選択肢には名詞が並んでいる。

空欄直前のinとつながり、describe what happened「何が起こったか説明する」と合うのはdetail「詳細」である。

in detailで「詳細に」という意味になる。in number「数の点で」やin place「適切な位置に」もinと繋がるが文脈に合わない。momentは冠詞aを伴いin a moment「すぐに」という熟語をつくる。

describe 〜を描写する


3000記事

こんなに長く続けられるとは予想もしていませんでした

皆様の応援のおかげです

ありがとうございます

↓ブログも応援これからもよろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 11:45| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | センター試験問題演習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月13日

センター試験問題演習07追03

センター試験問題演習07追03

この問題演習ももう120問目です

今回はTOEICで言うところのこてこての語彙問題です

The flowers on the table were so beautiful. When I touched them, however, I found they were ------- .


@ artificial

A superficial

B unnatural

C untrue


「テーブルの花はとても美しかった。しかし、触ってみると造花だとわかった」

選択肢には形容詞が並んでいる。

文意をとると「花はとても美しかった。しかし触ってみると〜だと気がついた」とあるのでartificial「人工の」が文意に合う。

superficial「表面的な」、unnatural「不自然な」、untrue「真実でない」では意味が通らない。

---------------

unnatural flowerは日本語でも言えそうですが、Googleで見ても例はすくないです

それに対しartificial flowerというフレーズはたくさん出てきます

今回はTOEICの勉強にもなる問題でした

実際にこれとかなり似た問題も最近TOEICで出ています

↓問題演習応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 11:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | センター試験問題演習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月07日

センター試験問題演習追0702

センター試験問題演習追0702

In addition to love, children depend on their parents ------- food, clothing, and shelter.


@ for

A from

B to

C with


「子供たちは、愛情に加えて衣食住を親に依存している」

選択肢には前置詞が並んでいる。

空欄の前にある動詞dependの語法が知っていたかがカギ。

depend on A for Bで「AにBを頼る」となる。よってforが正解。

<語注>
in addition to X Xに加えて

depend on X= rely on X= turn to X Xに頼る

clothing(集合的に)衣類

shelter 住居

-----------------

実際
depend on A for B
のforの部分が問われると答えられない人多いです

またdepend on A to do
という不定詞部分が問われても間違う人多いです


↓ブログも応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


posted by morite2 at 12:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | センター試験問題演習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月03日

センター試験問題演習追0701

センター試験問題演習追0701

いよいよ07年の追試に入りました

はやいですねぇ

もうすぐ120問目に達します



From a commercial point of ------- , this film is a failure.


@ look

A sale

B sense

C view


「商業上の観点から見ると,この映画は失敗作だ」

選択肢には名詞が並んでいる。

空欄の前にはFrom a…point ofという形があるので、viewを入れてfrom a…point of view「〜の観点から見ると」というイディオムを作ればよいとわかる。

他の選択肢はlook「見た目」、sense「意味・感覚」、sale「販売・売上高」という意味。

<語注>
commercial 商業的な

failure 失敗


現在、東進の発音アクセント講座のテキスト校正中です

補充問題にも少し解説を入れます

もうすぐ完成します。ご期待ください


↓問題演習企画も応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
応援のおかげで毎日更新できています

posted by morite2 at 12:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | センター試験問題演習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年10月29日

センター試験問題演習0711

センター試験問題演習0711

久しぶりの問題演習です

2007年の本試験も最後の問題です

Please have ------- at this document before you begin your work.


@ a closer look

A a closer looking

B looked closely

C looking closely


「仕事をはじめる前に、この書類をもっとよく見てください」

選択肢にはlookを含む表現が並んでいる。

Pleaseがあるので、この文は動詞haveを用いた命令文だとわかる。

よって、haveの目的語になれる名詞lookを含んでいる1が正解。

have a look at X「Xを見る」の間に形容詞closeの比較級を挟みa closer lookという形をとっている。

完了形は命令形にならないのでhave looked closely atという形はとれない。

<語注>
document 書類

--------------

まさにこれが、この間のTOEICに出てきたような選択肢のパターンです

こういったものがこれからTOEICでも増えていくのでしょうか

うーん、今後のテストをよく見て分析していかなければなりません

↓問題演習とTOEIC分析応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
(このコーナーの応援クリックいつも少なめです・・・)
posted by morite2 at 12:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | センター試験問題演習 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする