2017年07月06日

英検がCBTに

英検がCBTに

いつか来るとは思っていましたが、いよいよですね

英検のCBT化です

絶対に遅かれ早かれ来ると思っていました



大学入試に使われることを見越し受験者数が増えたため、面接を1日では終えることができないので、今年から2日間あります

面接官の先生たちが大量に必要になるわけです

学校単位で受験するところもあるので、地方になると受験生はいるのに面接官がいないという事態も起こります

そして、何より2級までは面接官は自由会話が一切ないですから、採点官にすぎません

そういった面を考えるとコンピュータでやり試験に変えた方が圧倒的に効率的です

ライティングも読めない字に苦労することもなくなります

英検の参考書執筆待っておいて良かったです

テストが変わると対策本に大きな影響が出ますよね

執筆中のスピーキング本も危うく巻き込まれるところでした。。。

↓英語試験ブログ応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 12:11| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 英検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

英検面接試験の国際性の欠如とは?

英検面接試験の国際性の欠如とは?

昨日は英検の問題には日本人ではないとわからないものが出る
と書きました

それはどういうことなのか説明します

簡単に言うと解き方を知らないとネイティブでも答えられない問題です

特に英検2級にはっきりと見られるのでサンプルを見ておきましょう

http://www.eiken.or.jp/eiken/exam/virtual/grade_2/pdf/grade_2.pdf

この漫画描写に問題があります

漫画にはセリフの吹き出しと💬

思っていることを描く吹き出しはことなります💭

このサンプルには、吹き出しの中に絵があるのは思っていることです

なので思考を表す動詞を使って答えなければなりません

しかし問題によっては、セリフの吹き出しの中に絵もあることがあります

その場合は発言の動詞を使って答えなければなりません

漫画を読まないネイティブが見てもわからないわけです

他にもサンプルにはないですが、日本人じゃないと絵の場面が「駅」だとわからない問題などが出たりもします

日本人の英語力を試すテストと言われればそれまでなのですが、4技能入試が普及して世界基準の試験と同じ土俵に立つようになったら変えた方がいいのでは?と思ってしまいます

英検が世界進出するわけではないので難しいですよね

↓英語試験ブログ応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 12:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 英検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月23日

英検人気に火がつくか?

英検人気に火がつくか?

今日はTEAP対策授業をやってきます

英語4技能入試がどのように普及して行くのかをじっと見守っていますが、英検が強そうですね

英検対策授業をはじめた予備校もあります

自分にも本などのオファーも複数来ています

確かに他の4技能入試と比べたら取っつきやすいですし簡単です

TEAP, TOEFL, IELTS, GTEC CBT

級にもよりますが、英検より多くのことを学ばなければなりません

英検2級がダントツで簡単です

英検準1がそれぞれのどの点数に当てはまるかは非常に換算が難しいです

このまま行ったら安定の英検かなぁと感じています

値段も受験者数も他よりアドバンテージがあります

でも、世界的なテストじゃないんですよね

ネイティブが面接試験受けても2級なんて、途中日本人じゃないと意味不明なところがありますからね

英検も進化してほしいと切に願っています

今後も入試の動向と英検の問題分析を続けていきます


↓英語試験ブログ応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 11:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 英検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月25日

英語学習の刺激を受ける

英語学習の刺激を受ける

今日は大阪での授業です

その後河口湖に6時間かけて向います(泣

さてJunさんが出版した英検一級合格マップを読みました

IMG_7474.JPG

英検を受けることはないのですが、刺激を受けました

ライティングやリスニングで教える時にも役立つ情報が色々とありました

さらに刺激を受けました

もうTOEIC990点取得者はゴロゴロいて、さらなる高みを目指す必要がある

というのを実感しました

早速本棚に眠っていた英検一級の単語帳


英検Pass単熟語1級
を取り出しました

どっちももう売られてないんですね。。。

年末また単語帳やります

燃えてきました

他の人の活躍を見ると刺激になっていいですね!

頑張ります

良いクリスマスを!

↓ブログ応援もよろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 12:20| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 英検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月04日

英検面接対策(3〜2級編)

英検面接対策(3〜2級編)

日曜日は英検2次試験ですね

緊張している受験生の方も多いと思います

準1級や1級を受ける人は、どういった対策をすればいいのか分かっている人が多いと思いますが
3級、準2級、2級は準備不足でのぞむ人が多いです

というか多すぎます

中高生はだいたい、塾や学校の先生に模擬面接をしてもらって、アドバイスをもらうという対策をしています

この「塾や学校の先生」のアドバイスには的確なものもあれば、的外れなものもあります

きちんと、どのように答えればいいかを知っている人と知らない人とのアドバイスには違いがありすぎるわけです(当然先生自体は受けていないですから)

まず、きちんと過去問分析しましょう

点数の取れる答え方と減点されてしまう答え方をきっちり知っておく必要があります

特に、代名詞と時制はどの級でもとても大切です

意識しましょう

絵を描写するときの動詞、過去問をやって覚えておきましょう

何度も同じ動作が出題されます

そして、2級の読んだ文章に対する質疑応答

きちんと<<答え方>>を知っておきましょう

普通に文章を読んで答えただけではだめです

3〜2級の中で最も満点が少ないのは、このパートだと言われています

あとの現代社会に関する質疑応答より、こっちの簡単なパートの方が出来が悪いというのは明らかな対策不足か、答え方を知らないということになります

自分のことや現代社会に関する質疑応答も点の取れる答え方をきちんと知っておきましょう

残り数日、過去問を研究してきちんと回答できるよう練習しましょう

久しぶりの英検関係のブログ記事でした

↓英語試験ブログ応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


posted by morite2 at 12:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月27日

来年から英検出題形式変更

英検から正式に出題形式変更のお知らせが出ました

TOEICと英検が同じ時期に変更というのは面白いですね

http://www.eiken.or.jp/eiken/info/2015/pdf/20151225_pressrelease_1601renewal.pdf

1番大きいのは前にも書きましたが

「2級」にライティング、「4級」、 「5級」にスピーキングテストをそれぞれ導入

というところですね

さらに1級ライティング内容が変更

CEFRのC1レベルとの整合性をより高いものにするために、社会性の高い話題について、自分で考えをまとめ、理由とと もに意見をまとめるエッセイ形式といたします。


準1級もライティングが変わります

CEFRのB2レベルとの整合性をより高いものにするために、これまでのEメール形式からエッセイ形式といたします。 さらに、これまでよりも多い語数が求められます。(120語〜150語程度)

2級も結構変わり

ライティングテストの導入に伴い、語句整序問題を削除します。 リーディングの長文の空所補充問題において、これまでは空所の一語を選択肢から選ぶ形式でしたが、1級・準1級のよ うに、空所にあてはまるものを複数の語句からなる選択肢から選ぶ形式といたします。これにより、文脈を読み取る能力 をより精度高く評価するものとなります。また、問題数を現状の8問から6問に削減し、この形式の問題数を1級・準 1級と同じ題数といたします

準2級は

上述の2級と同様、長文の空所補充問題において、これまでは空所の一語を選択肢から選ぶ形式でしたが、空所にあ てはまるものを複数の語句からなる選択肢から選ぶ形式といたします。また、会話の空所補充の問題数を現状の8問か ら5問に削減し、全体の問題数のバランスや試験時間との調整を行いました。これにより、この形式の問題数は3級〜5 級と同じになります。

3級は変更がありません

4級と5級は
一次試験(筆記・リスニング)の合否に関係なく、申込者全員に受験機会をご提供いたします。
コンピュータ端末を活用した録音形式で実施いたします。また、自宅や学校のパソコン、およびタブレット等から、インター ネット上のスピーキングテストサイトにアクセスして受験いただきます。なお、受験日の指定はなく、期間は1年間を有効と いたします(注:受験回数は1回のお申し込みにつき1回のみとする)。したがって、時間的・地理的制約は無く、いつ でも・どこからでも受験いただけます


ネットでスピーキングテストは!?

英語の試験はどんどん進化していきますね

もしかしたら来年英検の面接官やるかもしれません

しかし1級の面接官は何年か修業を積まないとなれないそうです


↓英語試験研究ブログ応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 11:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月14日

公立の先生と英検、TOEIC

公立の先生と英検、TOEIC

昨日は英語の先生になった元生徒に会いました

毎回、公立高校での現状を知ることができて面白いのですが、
昨日はTOEICや英検の話になりました

都道府県は英語の先生たちにTOEICや英検の受験を奨励しているのは知っていましたが
そのための補助金が県からかなり出ていることは知りませんでした

某県では、公立高校の教員は、英検半額

TOEIC公開テストは2,000円で受験できます

うーむ なるほど

こうでもしないと先生たち受験しませんよね


しかし、そんな事に県のお金を使うな!という声も上がるでしょう

いい結果が出なかったら尚更ですよね

学校での英語教育の現状を聞いて、色々考えさせられる機会をもらいました

↓英語教育レポートもブログも応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 11:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月20日

英検が変わる(新スコアシート)

2015年度の英検からスコアシートが変わるというのが発表されました

以下このサイトから抜粋・引用していきます
http://www.yomiuri.co.jp/adv/komachi/release/00012543.html

英検協会では、英語学習の初期段階から生涯にわたり、継ぎ目のない一貫したスコア尺度を開発する必要性を認識し、昨年2014年9月、一般財団法人日本生涯学習総合研究所とともに、国際基準規格の*CEFR(欧州言語共通参照枠)との関連性を持たせた、ユニバーサルな新しいスコア尺度「CSE (Common Scale for English)」 を発表いたしました。
*CEFRとは、Common European Framework of Reference for Languagesの略。語学のコミュニケーション能力別のレベルを示す国際基準規格。欧米で幅広く導入され、6つのレベルが設定されています。


英検バンド(略)合格と不合格を連続的に幅で捉えた指標です。それにより、自身の受験結果と合格ラインまでの距離が明確になります。また各級の英検CSEスコアを25点刻みで細かいバンド(帯状)に分割し、どの位置にいるのかを示します。なお表記方法として、あらかじめ定めた合格ラインからの差を+/−で表現しました。

------------引用終わり

CSEと英検バンドというあらたな指標を導入するということです

でも、「合否」判定は残るわけです

すると、あまり変わらないですよね

引用元を見ると、試験マニアの人たちは合否に飽き足らず、この得点を上げたくなり何度もリピート受験する
という期待がこめられていることがわかりますが

合否判定の制度が残る限り、一般の受験生にとっては変化がないのと同じです

合否システムを完全撤廃するか、企業や学校が英検の級だけではなくCSEや英検バンド基準での募集をはじめない限り、受験者の劇的増員は難しいと思います

きっと合否判定システムを残すか廃止するかでもめたのだろう・・・

このへんの裏話は今日、安河内先生にお会いするので聞いてきます

ひとつ言えるのは、今後もTOEIC帝国の力拡大を阻止するものは(今のところ)なさそうですね

↓ブログの応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
(インチキブログたちの中でも正当にがんばります)
posted by morite2 at 11:04| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 英検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月03日

英検が変わる

いよいよ英検が変わります

級だけではなくTOEICのように点数が細かく出るようになります
http://www.eiken.or.jp/association/info/2014/pdf/0901/20140901_pressrelease_01.pdf

点数が大きくて分かりにくいですね


5級 1150点満点 790点合格

4級 1200点満点 921点合格



3級 1875点満点 1500点合格

準2級 2100点満点 1635点合格

2級 2250点満点 1780点合格



準1級 3200点満点 2596点合格

1級 3400点満点 2810点合格


CEFRの基準をもとに点数化し、それぞれの級に相関関係をもたせたわけですね

改革は水面下で進んでいましたがいよいよですね

まだ、発表されていない変化も起こります
(発表されたらすぐにお伝えします)

英検1級合格!とプロフィールに書いている自分たちも受けなければならなくなりそうです

TOEIC vs. 英検 

これからどうなっていくのでしょう


↓英検分析応援もよろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
(アクセス数すごいのにクリック数が伸びません(悲))
posted by morite2 at 11:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 英検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする