2008年04月22日

映画守護神で学ぶ英語TOEIC単語

今日は「守護神」The Guardianという映画を観ました

アメリカ海兵隊の話ですが結構「海猿」に似ていて
すごく長い話ですが、それでも泣けました

今回は映画に出てきた、
そして昨日少し紹介した
TOEICテスト新・最強トリプル模試 (3)
にも出てくる

dismiss」を紹介します

TOEICでは「解雇する」という意味でよくでますね


He was dismissed for neglect of duty.

「彼は勤務怠慢でクビになった」



類義語には

fire

discharge

lay off


がありますね。言い換え問題で出てきそうですね

では映画ではどのように使われていたかというと

言い争いの場で場の悪くなった教官が


May I be dismissed?


「席を外してもいいですか」

といっていました

他にも、説教の場で


You are dismissed.

「いってよし」

「クビだ」ではなくYou can go now.みたいな形で使われていました

意外と奥の深い単語ですね


そういえば「映画ジャンパーで学ぶ英語」
http://toeicjuken.seesaa.net/article/87425517.html
でもdismissについて少し紹介しましたね

ジャンパーでは

Class (is) dismissed.

「授業はおしまい」


という表現がでていましたね


ちなみに前にも紹介しましたが
アメリカ軍は以下の5つに別れています

United States Army     アメリカ陸軍 
United States Marine Corps アメリカ海兵隊
United States Navy     アメリカ海軍
United States Air Force   アメリカ空軍
United States Coast Guard アメリカ沿岸警備隊

http://toeicjuken.seesaa.net/archives/20080213-1.html

WOWOW【e割】
ネット手続きで
4月末まで1,200円で見放題!

http://www.imdb.com/title/tt0196267/
posted by morite2 at 21:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEICコツとテクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック