2008年03月14日

TOEIC文法:意外な接続詞

金八先生 泣きました・・・
こんな先生なら卒業式前の授業も出たかもしれません

高校入試の合格発表の後、僕は中学校全然行きませんでした

今日は別の予備校の採用試験に行ってきました

模擬授業と筆記試験を受けるのは
とても刺激になります。勉強するきっかけになります

さて土曜日の文法の授業の補足です

意外な接続詞についてです

テキストにはprovidedしかでてきませんでしたが
ほかにも「もし〜ならば」という意味になるものは

suppose, supposing, providing, providedがあります

後ろにsuppose that/provided thatのようにthatがつくこともあります

I will go, provided that the weather is clear.
「天気さえよければ行きます」

(ジーニアス英和大辞典)

Suppose you were President, what would you do?
「もし君が大統領だったらどうしますか.」

[語法]前半の if節に相当する部分しか表現されないこともあります:

Suppose our teacher should find us.
「先生に見つかったらどうなるだろう」

(新グローバル英和辞典)

supposeは原形とing形でprovideはing形と過去分詞形
なのでややこしいですね。引っ掛けの選択肢も作りやすいですね

次にas soon as「〜するとすぐに」という意味になる接続詞

the moment, the instantです

The moment (that) he was alone he opened the letter.
「彼はひとりになると即座に手紙を開いた.」

(プログレッシブ英和中辞典)

これらは是非ともおさえておいてください

僕の土曜日のTOEIC文法に出ている人ように
解答を載せることにしました

休んだ人などは参考にしてください
http://toeicjuken.seesaa.net/archives/200712-1.html
まだ出席していないUNITの答えは見ないようにしてください
(解説はありません)
ラベル:接続詞 文法 TOEIC
posted by morite2 at 00:00| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 文法・語法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
MIXIから飛んできました。

すごいですね。留学を考えているのですね。
応援しています。交流できたらいいですね。
Posted by けんじ at 2008年03月14日 20:13
>けんじさん

コメントありがとうございます
そして応援ありがとうございます!
Posted by Morite2 at 2008年03月15日 10:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック