2008年01月02日

映画批評08年1月(ライラの冒険メイン)

せっかく毎週三本も映画を見るので

2008年1月に見た映画と少しずつコメントをしていきましょう

The Golden Compass(ライラの冒険)
うーんやっぱり文学ものは好きになれない
アメリカの友人は「本はおもしろいが映画ではカットしすぎ」
といってます。

それもそのはずです。この話には様々なことが詰め込まれていてかなり複雑なはずなのにかなりあっさりと物語が展開しています
(例えばライラがどうやってコンパスを使うか、あの白熊がどういった生き物なのかの説明が大幅にカットされています)

あとは子ども向けに原作とは変えれているところもあります

二本目からは反クリスチャン的要素が増えてくるのでそこがどのように描かれるのかが期待されます



Balls of Fury「燃えよピンポン」 

あほな映画です。まさか日本にくるとは
まあ映画「ピンポン」がヒットしましたからきてもおかしくないですね
なんにもおもしろくないですよ

全米大ヒットではないですよ
むしろ微妙な映画として扱われていた気がします


American Gangster
ストーリーは悪くないですが長すぎです
何が善で何が悪か・・・考えさせられます

The Nanny Diaries
感動するけどコメディー要素が予告編のように強くないです
もっと笑えると思ったんですけどね

Fantastic Four
まあまあ

The Notebook
先が読めてしまうがそれでも感動作

The World's Fastest Indian (世界最速のインディアン)
つまらなくもないしおもしろくもない

Deep Rising
糞映画です

Haven
貧困層と金持ち層の対照がよく描けてはいるがいまいち

The Family Man
号泣です 

日本沈没
・・・

大日本人
期待していなかった分、かなり笑えた

I Am Legend
バイオハザードですか??最悪です

Blood Diamond
長いですが最後まで楽しめる話です

United 93
とてもリアリスティックでかつ泣けます

WOWOW【e割】
ネット手続きで
4月末まで1,200円で見放題!

ラベル:映画 批評
posted by morite2 at 23:42| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック