2018年03月13日

今回のTOEICで気づいたこと(18年3月)

今回のTOEICで気づいたこと(18年3月)

結構日曜のTOEIC公開テストで気がついたことが色々ありました

3月は受験者数も多く、受験会場も多い、そのため新人試験官がたくさんいます

そのためずさんな運営が目立ちます

色々な苦情をネット上で見かけました

きちんとした指導が必要ですね

テストで気づいたこと

リスニングは感想でも述べた声の聞き取りやすいオーストリア人が加わったことが1番大きいですよね

1月からいましたが、この人が聞き取りにくい音質の悪いオーストリア人と交代になるんだと思います


リーディング

PART 7

字の小さい文書が多すぎ

これはまずくないですか?

老眼の人に優しくないです

無駄に下に空いているスペースがあるのに字が小さいという謎のセットがいくつかありました

そして設問で気づいたことは

most likelyとついていた設問が多い


suggestedやindicatedはいつも通りいましたが、most likelyがついた設問がこんなに多かったのはおそらく(most likely)はじめてです

ハッキリと文書内には書かれていないということなので、受験生には厄介ですね

↓TOEIC分析応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 11:59| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。