2017年10月13日

国立大新入試、英語はマーク式と民間試験両方

国立大新入試英語はマーク式と民間試験両方


うーーーん

どう変更しようとややこしい


http://www.yomiuri.co.jp/national/20171013-OYT1T50002.html
から引用します


大学入試センター試験に代えて2020年度に始まる「大学入学共通テスト」の英語について、国立大学協会の理事会は12日、従来型のマークシート式と実用英語技能検定(英検)などの民間試験の両方を全国立大82校の受験生に課す方針を決めた。

中略

理事会は12日午後、東京都内で開かれ、約20大学の学長らが出席した。文部科学省が今年7月に公表した共通テストの実施方針では、英語は24年度から民間試験に全面移行するが、23年度までは、大学側が共通テストのマークシート式か民間試験、またはその両方を選択できる仕組みになっている。これに対し、理事会では「大学ごとに英語のテスト形式が異なると、出願先の変更などが難しくなり、受験生が混乱する」などの意見が出て、全国立大で足並みをそろえることにした。


引用終わり

わかりづらいですね


新たにできる試験か民間の4技能試験で選択できるというものだったが

それでは混乱が起こるし平等性にもかける、他の学校に出願変更しづらいということから

両方やれっとなったわけですね

負担が大きくなりますね


これで各大学の2次試験が今まで通り行われたら3つです


どうなるんでしょう??


教える側も混乱です


↓英語試験ブログ応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 11:52| 東京 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。