2017年09月07日

大学入試の文法語法問題を分析して

大学入試の文法語法問題を分析して

今年の文法語法問題(穴埋め問題)を3000問以上解き本に使えそうなものを数百問ワードに貼り

そのワードのデータを分類してエクセルに貼りました

ビックリしたことに、この途方もない作業のせいで、右手が筋肉痛です

ものすごく疲れましたね

3日間この作業に没頭しました

わかったこともいろいろありました

似たような問題が多いですね

動詞の語法、時制、前置詞の問題がとにかく多いですね

こんなに偏るとは思っていませんでした

分析した中で一番選択肢で見かけたのは

おそらくsay

一つのポイントで一番多く問われていたのは
used to vs. be used to doing

などなど気が付くことがたくさんありました

問題を解くのは楽しかったですが、コピペは辛かったですね

でも、この作業で得られた情報を授業に活かせます

やっぱり分析って大切ですね

問題が公開されていないTOEICはやっぱり受験して分析するしかないです

これからも受け続けます

↓受験・執筆・ブログも応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ



posted by morite2 at 12:02| 東京 🌁| Comment(0) | 文法・語法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。