2017年07月10日

英語の構文を好きになる

英語の構文を好きになる



正誤問題で出題したいなぁと感じた英文です

もちろん、more longerといった比較級に比較級が付いたものはダメです
(生徒の英作文によく出てきますが)

でも10 years or more longerならありえるわけです

<10 years or more> longerですからね

10 years longer「10年長く」になら気にならない人でも10 years or more longer「10年もしくはそれ以上に長く」だと変に感じる人も多いでしょう

しかも今回は改行されていてmoreが独立してlongerと並んでいるように見えます

こういう面白い構文が昔から好きでした

こういった構文パズルを解くことから英語が好きになりました

意外かもしれませんが、英語の先生になろうと思った入りはここなんです

今でも難構文をウキウキワクワクしながら解説しています

好きになると得意になれることが多いので勉強においてはとても大切ですよね

↓英語ブログ応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ



posted by morite2 at 12:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 文法・語法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック