2017年04月29日

リーディングの醍醐味suspension of disbelief

リーディングの醍醐味suspension of disbelief

今日から世間はゴールデンウィークですね

予備校の授業は普通に行われるので自分は連休を感じることができません(泣

さて、この間ネイティブとのティームティーチングをしている時に彼が面白いことをいいました

彼はいつも日本語の本を読んでいます

一般書も小説も読みます

読みだしたら止まらない本をpage-turnerというのは有名ですが、page-turnerになるのはsuspension of disbeliefが理由だと述べていました

suspension of disbeliefとは「不信の一時的停止」と訳されます

虚構の世界と知りながらも一時的に本物だと信じ込んでしまうことを意味します

小説などに入り込むというのはまさにこの感覚です

「外国語の小説を読んでいて、これを感じられると喜びは倍増する。でも知らない表現に出会うと現実に引き戻されて辞書を引かなきゃならない」と言っていました

外国語の小説にのめり込めない人が多いのはやっぱり知らない表現がたくさん出てきてしまうことだというのは納得です

さらに、suspension of disbeliefを感じにくいのでTOEICが批判されるのもわかります

人によっては「無味乾燥」と表す人もいます

自分自身は、たしかに感情を入れにくいですが、TOEICの教材にでも入っていきます

Eメールを出した人の気持ち、広告を読んだ人の気持ちに重ね合わせようとします

そうすると意外と面白く読めたりします

TOEIC教材にも感情移入してみるのはどうでしょう?

↓英語学習ブログ応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ



posted by morite2 at 11:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | リーディング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449436232
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック