2017年02月11日

きちんと視点を考えないと誤訳する

きちんと視点を考えないと誤訳する

安倍総理とトランプ大統領のこの場面、英語に訳すときは気を付けなければならないというのを痛感する一幕



日本の記者が「こちらお願いします」というのを

阿部首相がPlease look at me.

と言ってしまいます

当然トランプ大統領はmeは首相を指しますから、そちらを向きます

そして、苦笑い。。。

meの部分をthe cameraでもusとかにしたら通じたかもしれませんね

He saidと頭に付けただけでも反応は変わっていたでしょう

きちんと誰の目線にたって訳すかというのは大事ですね

日本語にする時もHe gave it to John.

ジョンが話し手の身内でitが欲しかったものだったら、「あげた」より「くれた」がしっくりきます

こういった視点というのが翻訳や通訳にはとても大切になってきます

そういったことを思い出させる動画でした

↓ブログ応援もよろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 12:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック