2016年10月31日

TOEFL Junior Comprehensive受験記

TOEFL Junior Comprehensive受験記

受けてきました最後のTOEFL Junior Comprehensive

受験会場は、どこかの高校が団体で受験していたので、すごくにぎやかでした

一般受験の人はほとんどいなかったです

おそらく自分の部屋だけが一般受験でした

簡単な感想を

Reading

結構易しかったです

一問難問が入っていました

そこにひっかかった人は多いと思います

おそらく全問正解

Listening

TOEIC, TOEFLのおなじみのナレーターたちがたくさんできてきました

TOEICのオーストラリア人が、絵では黒人の社会の先生でアフリカのあたりを地図で指しているのは不思議な感じでした

基本は易しいですが、若干、「え、そんな細かいこと聞いてくるの?覚えてないし」というのもありました

全問正解か一問ミスだと思います

Speaking

形式を覚えておかないと結構大変ですね
(と言っても、もうなくなってしまうテストですが)

6コマ漫画を説明するのはかなり難しいですね

今回は、受験者の多くがあるものをあらわす単語を2つとも知らないで困ったと思います

その2つが一コマにあるので、3コマ目で撃沈した人が多かったはずです

Writing

Integratedがかなりきつい試験です

講義をきちんとメモに残せるかがポイントです
(この点ではTOEFLより難しいかも)

自分自身、聞き逃した部分があり、ポイントがひとつ抜けてしまっているかもしれません


テストはどんどん先に進めるので、早く終わる人はあっという間に終わります

リーディングとリスニングは相当早く終わりましたが、小学生2人の方が自分より早く休憩していました

ひっかけの選択肢、答えに関係ないところを読まなければ1番だったのに悔しい
とは別に思いませんでした(笑)

スピーキング・ライティングセクションは部屋単位で同時にはじめるので、他の人がLRを終わるまで待たなければなりません

これがなかなかめんどくさい待ち時間でした

私物に触ってはいけないので、飲み物も飲めずつらかったです

こういった改善点を提案しても、もう終わったテストなので意味がないんですよね

悲しいです

運営をしている公文の本社まで行って、いろいろと改善点を提案し、その通り改善してくれていたテストだったので残念です

話を聞いたら、ETS側から突然、試験終了の通知が来たそうです

ETS相変わらずです。。。

いいテストだったのに残念です

こうして大学入試に利用できる4技能外部試験、1つが姿を消しました

↓英語試験ブログ応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

posted by morite2 at 11:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック