2016年08月31日

発音は変わるもの 教材校正からわかること

発音は変わるもの 教材校正からわかること

東進の通年講習講座の『発音・アクセント」の教材が完成しました

バリから帰る飛行機の中でたくさん解き、たくさん書きました

よく出る事項のかたよりがすごいですね

同じことが本当によく問われます

今朝、テキストが出来上がったのでさっそくネイティブチェックをしました

ネイティブが発音アクセントの問題を解く様子を見るのはなかなか面白かったです

アメリカ人でもこの問題悩むのか

え、これ答え出ないの!?

などなど驚きが多かったです

newsが「ニューズ」だけでなく「ニュース」と発音されたり

動詞のhouseが「ハウズ」だけでなく「ハウス」と発音されるのは昔から知っていましたが(辞書には載っていませんが)、思いもよらない発見もありました

それはanchorの発音です

ネイティブが「全部発音同じだけど」と行ったんです

「え、ア(ae)の音だからこれが正解でしょ?」というと

いや「eiと発音するから解答はない」と言われました

はじめて知りました

これから注意してこの単語聞いてみます

辞書に載っているものが絶対ではないということですね

勉強になった

↓英語ブログ応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 19:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック