2016年08月10日

新形式TOEIC口語表現は覚えていくべきなのか?

新形式TOEIC口語表現は覚えていくべきなのか?

新形式になり、話し手書き手の意図を問う問題が出題されるようになりました

これにより、口語表現を覚えていく必要があるのか?

どうやって覚えていけばいいのか?

といった質問を受けるようになりました

結論から言えば、覚えられれば覚えられるにこしたことは無いけれど
そのためだけに勉強するのはあまり効率のいい勉強法とは言えません


意図を問う問題は今の所、基本は文脈から解答を出すものです

仮に表現の意味を知らなかったとしても使用されている文脈がわかれば解けます


だから、普通に読む、聞くの勉強をしていく方が、何が出てくるかわからない口語表現を予想するより効果的です

また、その表現を知っていたとしても文脈がわからないと正解は選べないわけですから、表現だけ覚えていく学習はあまり意味がないと思います


↓TOEIC対策ブログ応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


posted by morite2 at 19:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEICコツとテクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック