2016年02月10日

最近の入試からわかる英語の変化

あすはTOEICの文法セミナーです

最近は大学入試の文法問題を分析することが多いのですが
入試の英語を分析しているとわかることがたくさんあります

中でも面白いのが、出題者は明らかに「ここ」を問いたいのに

ネイティブが「これでもあってるじゃん」と言って直すものです

例えば

neither A nor B

出題者はorを引っ掛けにしたいのにネイティブが「これで合ってる」というわけです

そのため、正誤問題などではandになっていることが多いです

これじゃ全然ひっかけになりません

try to do vs. try doing

ネイティブにとっては同じです

try doingをひっかけにしたいのに、選択肢に置けません

try having doneにしたり、try Vingに余分な前置詞をつけたりする選択肢が見られます

また、as if 仮定法は使われないので

主節を過去形にして、さも仮定法であるかのような(実際は単なる過去形)問題が出てきます

といったネイティブチェックの跡が見られます

しかし、いまだにネイティブチェックを無視する文法事項もあります

China's population is larger than Japan.

これはダメで人口と人口を比べるのだからthat of Japanが正しい

というやつです

ネイティブは間違っているとは思わないのに、いまだに出題されます

「英語は日本語より厳密だからな」と教えられますが、この点に関してはそんなことないです。。。


入試問題分析からわかることはまだまだありそうです


↓激戦ブログ応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

posted by morite2 at 11:28| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 文法・語法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック