2015年09月01日

通じなくて焦った発音

通じなくて焦った発音

ニュージーランド発音はいろんなところがアメリカ英語と違います

特に母音が結構違うので焦ることもありました

一番面白かったのは、あるレストランでのことでした

"Cheese burgur(バーRガーR) please." と言ったところ

"Cheese what?"と言われました

"バーRガーR" とゆっくり言うと

"Oh ブーガ" と言われました

その後
"セブンティーン"と言われたので

17ドルを出すと

10ドル札だけを持っていきました

ああ、seventeenじゃなくてseven tenかぁ


burgerを「ブーガ」と言ったときはびっくりしました

Rを発音しないのは知っていましたが「ブー」みたいに言うとは

でもturnは「ティーン」みたいに発音している人が多かったです


そしてtenなどのeは「イ」のように発音されるので

seven tenは「セブンティン」みたいに発音されます

うーん、そう考えるとTOEICの人気がないオーストラリア人は、実は日本人韓国人にもわかるように発音してくれているんだなぁと実感しました

何はともあれいい経験でした

↓ブログ応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 11:31| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 発音 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック