2015年04月11日

TOEIC SWの結果と考察

先月受けたTOEIC SWのIP testの結果が返ってきました

公開テストの方は、前の住所から転送されて届くので時間がかかっているようです

さてSWの結果は

SW result.jpg

S 200
W 200

満点でした

前回はS200、W190で初めてWのほうが低かったので
今回Wは容赦なく、難語、難イディオム、難構文をたくさん使いました

Sはテクニックを使わないで受けました

ディスコースマーカー(First, second, Howeverなど)を極力使いませんでした

さらに、しゃべり続けずに言いたいことを言ったら終わらせるという形にしました

最後の意見は制限時間よりずいぶん早く終わってしまいました

逆に解決策を述べる問題は、一つだけ述べて、2つ目を言おうかなぁと思ったら終わってしまいました

こういった状況でも満点をとれることがわかりました

やはり、少し早く終わってしまっても、しゃべり終わらなくても点数に関係ないというのは本当です

ぴったり終わらせようとする受験者が多いのですが、そこを目指す必要はありません

採点は、小手先のテクニックよりも
「この人英語がしゃべることができる」と採点官を思わせることが大事だと思いました

対策をしなくてもきちんと英語をしゃべる力があれば満点が取れるテストだと言えます

WはエッセイがTOEFLとは違い、一番いい方法はなんだと思うか
というものでした

2つのエピソードを想像で作り上げて4パラグラフで書きました

TOEFLにめったに出ないパターンなので、大変でしたが
わざと難しい表現をたくさん使いました

どの程度の単語と文法を使えば、満点あげる!と思われるのかその線引が知りたいです
(もちろん内容がきちんとしていることが前提ですが)

今月もIPテストを受験予定です

次回はまた、違ったしゃべり方、書き方をしてみようと思います

そして明日は公開テストですね。受験される皆様がんばりましょう!

↓TOEIC受験応援よろしくお願いします。
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ



posted by morite2 at 12:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEIC SW | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/417125452
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック