2014年12月18日

TOEICの変化?イギリス英語の増加

TOEICの変化?イギリス英語の増加

前回のTOEICで気が付いたことの一つに

イギリス英語の表現ががっつり出てきたことがあります

リスニングには

apartmentではなく

flatがでてきました

自分はTOEICで初めて聞きました

他にもリーディングで気になったことに

手紙の冒頭に

Dear Sir or Madam

が出てきたことがあります

TOEICといえば

アメリカでよく使われるTo whom it may concernがおなじみですよね

しかし、前回はDear Sir or Madamが登場しました

これは、イギリスではよく使われる表現で

ケンブリッジ英検ではこの表現がよく出てきます

これからさらに増加していくのでしょうか?

来年も目が離せません

↓TOEIC分析応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 11:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEICコツとテクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック