2014年03月07日

TOEICは変わる?ETS英語能力リサーチ

ETS英語能力リサーチの歴史
を調べてみました

第1回の情報は見つけることができませんでした

●第2回2004年11月21日(日)
謝礼:図書券3000円分
午後に2時間

この時に新TOEICを実験したのか?
情報はありません

そして1年6か月後

●2006年5月28日(日)
新TOEIC開始

●第3回2006年10月29日(日)
謝礼:図書カード2000円分とSWの公式問題集
10:50−12:50

新TOEICが実施されたことと関係があるのか?

または、パート6の[3問×4セット]への変更を試したのか?

●第4回2007年12月16日(日) 青山学院大学12号館
謝礼:図書カード4000円分

行った理由はいったいなんだったのでしょう

●2013年12月
韓国で同じような実験的試験が実施される

●第5回2014年2月2日(日)
2時間半+アンケート
謝礼:アマゾンギフト券3000円分

新形式へ移行するための実験?

Part 1形式がなかったという情報もありました

Part 1, 2特急3の執筆を断ってよかった

2015年下半期新・新TOEIC開始?
もしくは、2006年から10年後の2016年?

なんにせよ、現在書いているTOEIC本2冊以外の
すべて執筆を断っていたのでよかったです

しかし、新TOEICという名が使われてもう8年近くになるんですね。。。。

それぞれのリサーチの情報をネットで探していて思ったのは

謝礼や試験に関する情報量などの違いがおもしろいです

時代の流れを感じます

引き続き調べていきます

↓調査応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
posted by morite2 at 12:31| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEICコツとテクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/390579028
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック