2013年12月02日

IELTS受験期13年11月

IELTS受験期13年11月

今回はIELTSの感想を書きたいと思います

まず、気づいたのは荷物管理が改善されていたこと

袋に入れて、その袋についている、シールの半分をパスポートに貼るというシステムになっていました

出るときは、2つのシールがあることを、見せて、袋を返して退出します
(チェックがちょっとあまかったきもします)

荷物を預けるのはカナダのTOEICと少し似ています

財布を持っていかなかったのですが、このシステムなら持っていけますね

今回は前回の反省をいかし、えんぴつを持っていきました

しかし、4本じゃ全然足らないことに気が付きました

隣の人は10本以上持っていました

ライティングの時に、全部、真ん丸になってしまい、字が太くなりすぎました

反省です

さらに、感じたのはTOEFLに比べての大きな欠点です

このテストを普及させる課題の一つともなることですが
待ち時間が長すぎることです

荷物を預けるのに並び

パスポートチェックに並び

指紋と写真をとるのに並び

教室に行くまでに並び

ほかの受験生がそろうまで
延々と教室で待たされます(パスポート以外見るものもないので暇)

受験料の高さ
申し込みのプロセスのめんどくささ
この待ち時間の無駄を改善できれば
TOEICに変わってもいいと思うのですが。。。


次回は問題の感想を書きます



↓今日の英単語応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


posted by morite2 at 19:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | IELTS・ケンブリッジ英検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック