2013年07月17日

TOEFL vs. IELTS スピーキング・ライティング編

TOEFL vs. IELTS スピーキング・ライティング編

前回はリーディングとリスニング編でした
http://toeicjuken.seesaa.net/article/369382897.html

今回はスピーキングパートとライティングパートを比べてみます

スピーキング

TOEFLはコンピューターに向かって話します

それに対してIELTSは面接官としゃべります

やっぱり、人がいたほうがずっとしゃべりやすいです

その点でIELTSの方が信頼度も高い気がします

でも、TOEFLの方がスピーキングパートなのに読んで聞いて話すので総合的な力が測れます

さらに、IELTSは、同じ日にスピーキングが受験できるとは限りません

受験日が2日にまたがることがあり大変です。。。

同日でも待ち時間が長い可能性もあります


ライティング編

こっちは、唯一IELTSの方がTOEFLより難しいと感じるPartです

おそらく図表、グラフの分析が得意な人であればIELTSの方が簡単なのですが
かなり大変です

なんといっても手書きが大変

TOEFLはパソコンなので、間違えたらすぐに直せます

copy, cut, pasteでパラグラフの構成もすぐに変えられます

つまり、全体的にはIELTSの方が簡単だけれど
自分自身はライティングだけTOEFLの方が簡単だと思います

↓英語試験分析応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


posted by morite2 at 11:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | IELTS・ケンブリッジ英検 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック