2010年04月19日

TOEICカレンダーてどう?

TOEICカレンダーてどう?

今回はTOEICカレンダーに関して前に質問をいただいたので答えたいと思います

↓いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

さてTOEICカレンダーを使っている人はこのブログの読者の中にいるのではないでしょうか?
http://www.toeic.or.jp/square/basic/widget/

ぶっちゃけどうなんですか?TOEICに役立つんですか?と言われたので
やってみました(なかなか毎日できないですね)

TOEICカレンダー

毎日3問配信されるのですが

問1はある単語の定義が音声で流れてきて、その単語をタイプする問題です

celebrity, fertilizer

とたしかにTOEICにあまり出なさそうな単語ですねぇ・・・


問2は女性と男性が一回ずつしゃべる会話が流れそれに関する質問が流れます

TOEFL ITPのリスニングの最初の問題みたいです

女性の声が日本人なのがどうなんでしょうね?
ネイティブを使ったほうがいいと思います

ポッドキャストと同じ人(しらいしりさ)ですよね?
この方は誰なのかすごく気になります


問3はPart 5形式の短文穴埋め(3択)

たしかにTOEICに出ないような問題が多いですね
either A or Bはトイックぽいですが

助動詞の選択、関係代名詞の制限用法vs.非制限用法、語順とか出ないですよね

なぜ出ないようなものが使われているのでしょう?

仮説1:作っている人がてきとう or TOEICのことをよく知らない

仮説2:ETSからの圧力

読者の皆さんが気になるのは仮説2ですよね(笑)

TOEICの問題政策をしている

ETSは「TOEICとは対策のできないテストである」

と公言(暴言?)しています

ちゃんとした英語力をつけないと点数はあがらない、と言ってるわけですね

なので新TOEIC TEST 総合対策特急 正解ルール55(さりげなく宣伝)
のような(すばらしい?)対策本・攻略本・テクニック本が出版されるのを嫌がります

だからXXXはとてもXXXなくせにまったく似ていない問題ばかりXXXX
(そうとうやばいネタなので以下完全自粛)

つまり基本的に運営委員会はTOEIC対策をさせちゃいけないわけです

英語力をつければ自動的に点数上がるよ、というスタンスでなければならないんです

しかし、テストですから

どんなテストでも対策は必ずあります!!

ETSはうそをついています!

で結局カレンダーは役立つのでしょうか?

答えは「微妙・・・」ですね

おそらくETSの圧力から出ないような文法事項や語彙を入れざるを得ないんだと思います

新TOEIC TEST 総合対策特急 正解ルール55(宣伝しているのは出版社からの圧力?)などの対策本の方が効果あると思います

↓なるほどと思った方は応援クリックお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

追記―ETS批判をよく思わない人も多いようなので
来週の日曜もラジオをして「徹底討論―TOEICとリサイクル問題―」
ができたらいいなぁと思っています(結構暴露しますよTOEICの闇を・・・)
posted by morite2 at 11:17| 東京 ☁| Comment(16) | TrackBack(1) | 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
TOEICカレンダーについては、無料ですし対策として期待できるはずはありません。多くの方が「楽しみながら毎日少しでも英語に触れる」くらいのつもりでお使いなのではないでしょうか。批判の対象にはならないと思います。
それよりも私が疑問なのは、Morite2先生はTOEICの問題再利用を批判されて、「ダメな会社だ」というような発言をされていますが、こちらの記事にもあるように再利用問題があるからこそ対策が容易となり、ご自身の著書も大きく宣伝できる。つまり、TOEICが現在のような運営方法であるがために、1番恩恵を被っていらっしゃるのは先生ご自身ではないかと言う点です。
Posted by Kuri at 2010年04月19日 13:29
Kuriさん

こんな記事を「批判」ととらえるのもどうかと思いますが
そう言うならこの「無料のブログ記事」も批判対象にならないのでは・・・

ただ批判によって多くの人が再利用問題に気がついてくれるなら本望です

>再利用問題があるからこそ対策が容易となり、ご自身の著書も大きく宣伝できる
>1番恩恵を被っていらっしゃるのは先生ご自身

そう思うならそう思っても別にいいですけど

僕の目的は
再利用をやめさせること
対策にもならない対策本ばかりであふれかえって
損をしている受験者にうそを気がつかせることです

お隣の国ができてなぜこの国ができないのか
悔しくてしょうがないんですよ

こっちに来てもTOEICの話題になれば日本人・韓国人に
日本のTOEICは40%も使い回しをしていると伝えています

過去問を公開して大学受験みたいに対策するのが理想です
「再利用」を対策にするのは本当は教師としてすごく嫌です

「利益を求める」のであればお金にならないTOEIC本なんて書かないですしアメリカにも来ないですし予備校業界で生きていきます
ましてブログを毎日書くことなんてしません
Posted by Morite2 at 2010年04月19日 14:50
昨日、今日のコメントを見ていてやっとMorite2さんがETSを批判されている理由がやっと分かりました。Morite2さんの反論は当然で健全だと納得しました。

でも、本気でそう思われるなら反論のやり方がずれてるんじゃない?っと思いました。

そうするためには個人のブログでいくらこんな批判を書いててもたしかに全くの無力(完全無視される)だと思うので、『影響力がある著名人が集まった反対の団体をつくって本とか雑誌、テレビで批判して世論やマスコミを動かす』とか、『日本の経済産業省を動かす』とか、世の中に大きな動きを作り出さないとETSに「再利用をやめさせる」とかいうのは、現実的に考えてまず絶対にできないだろうと思います。

Morite2さんのETSへの思いが、「ゆとり教育」で和田秀樹さんたちが著名人の方と協力して強烈に批判して世論やマスコミが動いて実際に大幅に「ゆとり教育」見直しされたのと同じような動きになれば幸いです。

もし的外れなことを書いてたらすみませんでした。
Morite2さんのブログ一読者の気持ちとして、本気でそう思われるならブログに批判を書くだけじゃなくて上のような現実的な行動を起こしてほしいという思いで上のコメントを書いてみました。

----
TOEIC600点代のレベルの今の自分のレベルからすると、正直なところ、再利用があったほうが手っ取り早く点に結びつくのでうれしいのはあるけど、本当の英語力を測るという意味では再利用はないほうがいいとおもいました。
Posted by fuji at 2010年04月19日 19:31
こんにちは、Morite2さん。
先日のラジオは結局、家を空けることになり聞き逃してしまいました(涙)
おそらく実行委員会が有名blogに対して行った行為は、見せしめ的要素が強く、実際にどうこうすることなど出来なかったと思ってはいるのですが、個人が運営する“ただのblog”が連中をあたふたさせたこと、そのこと自体が私などからすると痛快の一言でした。

一番効果的なのは、毎回TOEICの後に力のある人間が解答速報を掲示板に書き込み、消しても消しても雨後のタケノコみたいに次々出てきて、ETSが音をあげる、みたいな某国と同じパターンでしょうね。

リサイクルなしと受験料の値下げ(3,000円くらいが適当だと思っています)が、ETSに対して私が現在最も望んでいることです(笑)
Posted by みかん星人 at 2010年04月19日 22:02
こんにちは。
いつも質問ばかりで申し訳ないです;;
現在英検1級勉強中だったのですが、大学でTOEFL ITPで580点以上とらなくてはいけなくなりました。英検1級とTOEFL ITPではやはり全く違う対策をとることになりますか?平行してやるか、先にTOEFLだけやるか迷っています。また、もし資格勉強が日常の英会話などに役立たせることも視野にいれて学習を進めているのであれば、やはり1級よりTOEFL学習の方が(特にリスニングの表現など)有用でしょうか?
Posted by ATSU at 2010年04月19日 22:56
fujiさん

それはできないですね
問題は非公開なのでそもそも証拠がないので
マスコミなどに言っても相手にされません

みかん星人さん

>一番効果的なのは、毎回TOEICの後に力のある人間が解答速報を掲示板に書き込み、消しても消しても雨後のタケノコみたいに次々出てきて、ETSが音をあげる、みたいな某国と同じパターンでしょうね。

まさにその通りです。某国はさらにその上をいってましたが(笑)
TOEIC熱が上がらないとそれも起こらないですよねぇ


Posted by Morite2 at 2010年04月20日 00:31
森鉄さん、こんばんは。

TOEICスコアが、多くの企業や学校で英語力を計る指標として使われている事や、
我々、英語学習者がTOEICスコアの上下に一喜一憂出来るのは、
TOEICスコアに信頼性があること、即ち「スコアの精度が高い」事が理由だと思うのですが、
問題再利用を止めても、現在と同じ精度を保つ事は可能なものなのでしょうか?
Posted by at 2010年04月20日 00:35
再利用問題ばっかりで、あの金額は有り得ないですからね。同じ講師業界にいたものとしては、Morite2先生の意見は正しいと思います。批判の手段は何でもいいのではないでしょうか?批判の方法に正しいとか間違いとか、大きい小さいは無いと思いますね。正論であるか否かであって、その仕方は個人の自由ですし、その点を突かれても、今までブログを中心に、講師業や執筆業で活躍の場を広げてきたMorite2先生にとっては当惑されるだけなのではないでしょうか?

今後もブログやセミナーでご自分の意見を述べてくれれば、我々読者としても分かりやすいと思いますよ。また1年も経てばTOEICもほんの少しは変わるかもしれませんね。たぶん値下がりくらいでしょうけど、問題の再利用はいつか無くなって欲しいですね。

ブログランキング1位だったブログが影響力がないだなんてそもそも有り得ない話ですし、今後もどんどん影響力が増していくでしょう。ただ、有名になればなるほど批判の的にはなりやすいですから、うまく避けたり、論破したり、色々と手段はあると思いますが、とにかく益々のご活躍を期待しております。

ということで、ブログランキングをワンクリックしておきます☆
Posted by 野村 at 2010年04月20日 00:51
ATSUさん

580であればリスニングに関してはITPのほうが英検1級より難しいと思います
英検1級のリスニングは幅広い日常の場面
TOEFLは学生生活で出会う場面です
個人的にはTOEFL→英検の順序の方がいいと思います
TOEFLで習った単語は英検に役立つことが多いですが
逆がなりたたないことが多いです
Posted by Morite2 at 2010年04月20日 04:13
名無しさん

40%も問題再利用しているので信頼性はないと思います
もちろん問題を知らない人にとっては信頼性の高いテストです
しかし、答えを既に知っている毎回受けている方々の
正確な英語力は測れないです
なので再利用をやめれば精度は上がるはずです
(現に隣の国は再利用を辞めました)

野村さん
賛同いただきありがとうございます
ランキングクリックまでいただきうれしいかぎりです
再利用をなくすようにこれからも地道にがんばります
おっしゃる通り、これから影響力がましたら
ますよね批判も増えますよね
Posted by Morite2 at 2010年04月20日 04:23
今回のコメント書き込みでTOEICの問題再利用についての理解が深まりました。

韓国がどうやって再利用をやめさせたか?を調べてその手法を取り入れていくのが再利用をやめさせる近道では?と思いました。
Posted by fuji at 2010年04月20日 06:29
TOEICテストの「使いまわし」に反対です。
すばらしいご意見です。大賛成!(拍手)

TOEIC関連の仕事をしながら「再利用」を歓迎するような人、
利益を守ろうとするのは理解できますが、人としては信頼できません。
問題点に気付いている人たちが黙っている中、声を上げたことが立派ですね。
ありと思います。

TOEICの点数だけをあげたい人は、対策本も読めばいいし、TOEICだけの
勉強をすればいい。

そうではない一受験者として、いろいろ文句はありますが、中でも
「使いまわし40%」だけはどうしても許せません。本当に不愉快です。
「試験としてどうなんだ?」と、未だに不信感を持っています。
韓国で再利用してないのなら、ますます不可解。

TOEICは、実力が伴わない高得点オタクを作るゲームのようです。
まだ「ゲーム攻略本を買う」という壁を乗り越えていませんが、
もし頼ることがあれば、迷わずmorite2さんのを買うと思います。
Posted by Azucena at 2010年04月20日 14:22
fujiさん
そのことに関してはもうすでにみかん星人さんの
コメントに書いてあるのでそちらを見ていただければ
方法がわかると思います

Azucenaさん
賛同いただきありがとうございます

>>「使いまわし40%」だけはどうしても許せません。本当に不愉快です。「試験としてどうなんだ?」と、未だに不信感を持っています。韓国で再利用してないのなら、ますます不可解。

本当にその通りだと思います
僕からも拍手です!
Posted by Morite2 at 2010年04月20日 14:57
> fujiさん

某国の場合はさらに徹底してまして、予備校で過去問を教えまくる、という対策が“普通に”とられていたそうです。
そこら辺の著作権に対する意識や遵法意識の違いは、お国柄というやつでしょうが、おそらく日本人には無理ですね、真似するのは…

アメリカのSATのケースは訴訟にまで発展した例ですが、某予備校が専門調査員を送りまくって、問題を完全に再現するというようなことが行われたそうです。

それが可能そうな学校は、日本でひとつ思い浮かびますが、それが絶対にありえないのは、Morite2先生が一番よくご存知だと思います。
Posted by みかん星人 at 2010年04月20日 22:07
私が是非ともTOEICでやってほしいと思っていることは、CBT化して、試験終了直後に結果が分かるようにすることです。日本では公開で年間延べ80万人、団体で90万人が受けていることを考えれば会場を確保することは難しいかもしれないし、年間受験者5000人のBULATSと一緒には出来ないでしょうが、そういうのはどうにかなりそうなのでしょうか?更に言えば一日に6回6:30〜、9:30〜、12:30〜、15:30〜、18:30〜、21:30〜として朝夜にでも受験出来るようになればもっといいのですが。

私がインドで受験した時も4日で結果が手元に届いて、賞状も来ました。値段は3000INRで今ほど円高でなかった当時では日本での受験より高かったです。

過去問の利用という点に関して言えば、初級シスアドや基本情報処理(旧称)、国連英検A,SAの知識問題では過去問を公開したうえで(国連英検では2006年までしか過去問入手不可能)過去問の一部をそのまま出題しているという点で「同罪」ですが、何れも試験として機能していると思います。その点は如何でしょうか?
Posted by t.a. at 2010年04月21日 23:05
t.a.さん

CBTはおっしゃるとおり会場の確保ができない1番の原因です
受験回数を増やしてしまうと問題がその分必要になるのでできないようです
(同じ問題だとまた漏洩の問題が出てきます)

過去問の利用という点に関して言えば、初級シスアドや基本情報処理(旧称)、国連英検A,SAの知識問題では過去問を公開したうえで

公開しているのであればフェアだと思うので問題ないと思います
また「知識問題」であれば別に使い回ししてもぜんぜん問題ないと思います。
TOEICの場合は非公開かつ長文を読んだり、英語を聞いたりしなくても答えがわかってしまうという点で測らなければならない力を測れていません
Posted by Morite2 at 2010年04月22日 04:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

TOEICカレンダーの役割
Excerpt: TOEICカレンダーてどう?
Weblog: 西宮一 発音にこだわるTOEIC講師
Tracked: 2010-04-20 15:58