2010年03月17日

promptlyの使い方

promptlyの使い方

総合対策特急と週刊STの連載一回目の原稿の校正で大忙しですが

今回もなぜか役立っちゃう情報を紹介します

↓なぜか受験者に役立つブログの応援クリックお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ

promptlyは「すばやく」て意味が有名ですが


We will arrive promptly at 1 o'clock.

「私達は一時ちょうどにつきます」



という時間通りにという意味でもつかわれます

あれ

1駅1題 新TOEIC TEST単語特急という本の

164ページにも似たようなことが書いてありますねぇ

え?

promptにも「時間ぴったり」て意味がある?

prompt at one o'clock でもいいのでは??

ダメです!

英語を日本語にできてもその語を知っていることにはなりません!

使い方が違うんです

promptの場合は

at one o'clock prompt

のように時間表現の後に来るんです

これがTOEICに出てきたら難しいかもしれませんね

その他の重要表現も単語特急164ページに載っているのでご確認ください
----------------------------------------------
3月21日(日)
14時〜17時:名古屋TOEICルールセミナーのお知らせ
(55個のルールをサンプル問題を通して解説します)
今回のTOEIC情報も満載です
現在一緒に本を書いているLinda先生がアシスタントとして来てくれます

5000円
お申し込みお問い合わせは
moshibenkyokai"&"gmail.comまで("&"を@に変えてください)
もしくは名古屋TOEICブロガーの方はAzuriteさんまで
--------------------------------------------------

↓今日の記事役に立ったという方は応援クリックお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


posted by morite2 at 01:01| 東京 ☀| Comment(15) | TrackBack(0) | TOEICコツとテクニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ジーニアス英和大辞典に

・prompt at 3 o'clock = at 3 o'clock prompt
「ちょうど3時に」

と、ありますが、いかがでしょうか?混乱してしまいます。
Posted by at 2010年03月17日 15:28
ちなみに、同辞典には

・at 9 o'clock sharp / sharp at 9 o'clockも可
「9時ちょうどに」

と、あります。今回のTOEICでも似たような問題が出たような気がしたので解説お願いいたします。
Posted by at 2010年03月17日 15:35
辞書はあくまで「ある時期の英語」を記録したものなので
prompt at XXは正解にならないと思います
周りのネイティブたちも「言わない」と言っています
英英辞典に載っていれば文句はETSに抗議できると思いますが
アイテムライターたちは英和辞典は読んでいないので
日本の辞書に載っているからというので抗議は難しいと思います
英和辞典にはもはや使われない英語がどっさり詰まっています
Posted by Morite2 at 2010年03月17日 15:36
では、英和辞典は何のために存在しているのでしょうか?結構高いお金を出して買ったのですが。もしどっさりそんな間違いだらけの表現ばかりだとすると、何を信じて学習を続ければいいのかわかりません。
Posted by at 2010年03月17日 15:40
さらに、日本語を正しく使わない日本語ネイティブがいるように、ネイティブが言う・言わないという基準は、英和辞典よりも強力に従うべきものなのでしょうか?いまだに、英英辞典をすらすら読めるほど実力がありませんので、英和辞典を使わざるをえない学習者です。
Posted by at 2010年03月17日 15:44
ネイティブの書いた文章で以下のものを見つけました。

It was now three months since my call-up. To celebrate I hid under the bed dressed as Florence Nightingale. Next morning I received a card asking me to attend a medical at the Yorkshire Grey, Eltham. ‘Son,’ said Father, ‘l think after all you better go, we’re running out of disguises, in any case when they see you, they’re bound to send you home.’ The card said I was to report at 9.30 a.m. Please be prompt.’ I arrived【prompt at 9.30】and was seen promptly at 12.15. We were told to strip. This revealed a mass of pale youths with thin, white, hairy legs. A press photographer was stopped by the recruiting Sergeant: ‘For Christ’s sake don’t! If the public saw a photo of this lot they’d pack it in straight away.’

これも間違った、ある時期の英語なのでしょうか。
Posted by at 2010年03月17日 15:52
promptは私のジーニアス英和では(英略式)となっていますので、そのへんがミソでないかと。
ちなみに、LAADとCOBUILDでは副詞としての掲載は無いですが、Oxford Advanced〜には載っていました。

adverb
exactly at the time mentioned:The meeting will begin at ten o’clock prompt.

ETSのテストだから「現在一般的に使われているアメリカ英語」が正解ということになりそうですね

英和では自動詞&他動詞として載っているものも、英英ではどちらかの用法しか記載の無い動詞も結構ありますから、帰宅後に辞書をひきながら一喜一憂するのもTOEIC受験の醍醐味かもしれませんね。
Posted by YU at 2010年03月17日 16:03
名無しさん

人に聞いておいて自分と意見が違うと文句を言う・・・
英英辞典を読めないといっておいて英文を探し出せる
よくわからない人ですね。自分で調べてください

イギリス生活の長いアメリカ人Karl先生の意見を聞き入れたくないなら聞き入れないのも自由です
「使われない」=「間違い」というのは違うと思いますよ

YUさん
Oxford載っているんですね
それでもprompt at XXは載っていないんですね
勉強になりました
ありがとうございます

Posted by Morite2 at 2010年03月17日 16:52
一瞬アマゾンで売り切れになりました。有難うございました。

↑の連続コメントはたぶん嫌がらせだと思いますが、この問題の是非はともかく、日本で作られた英和辞典は所詮XXX(一応、自粛します)が作っているので間違いは山ほどあるはずです。言語学でよく言われるように「正しい」「間違っている」を厳密に決めることは難しい場合もありますが、ある2つの表現を「比較相対的にどちらがふさわしい」かは多くの場合答えが出るはずです。
Posted by outrageous at 2010年03月17日 18:37
outrageousさんコメントありがとうございます

僕のブログからも買ってくれた人がいました
XXXはYYYですからZZZZですよね(自粛・自重)
descriptive grammarとprescriptive grammarですよね
日本人(アジアの言語学習者)はprescriptivistが多く、辞書を絶対視している人が本当に多いですよね
どのように使われているか、どのように使うのが相応しいのかを考えることてとても大切だと思います
Posted by Morite2 at 2010年03月17日 18:53
こんばんは、Morite2さん。

あららら、私が引き金になってご迷惑をお掛けしてしまったみたいです。
申し訳ありません。

私も調べたのは、英和辞典でした。
「ジーニアス英和大辞典」は上の方が述べられた通りです。
もう一冊は「新英和大辞典」でその中では、
−adv【口語】かっきり、正確に(sharp)とあり
用例に
・You must call prompt at seven[at seven prompt].
とありました。

そこで、TBR掲示板への質問となったわけですが…ちょっと書いたことを後悔していますorz

一応アメリカ人のネイティブにも聞いてみたところ、
「う〜ん、はっきり言って、僕はpromptlyもpromptもあまり使わないな〜。」
「辞書にあるんだったら、使わなくはないのかもしれないけど、僕は聞いたことないね。どちらかを選ぶなら、promptlyの方が自然だし、promptをつけるなら後ろの方だ。」
「しかし、前の方のつけるのが必ずしも間違いとはいえない。」
「これは僕の意見だし、英語を使う国は多いんだから、僕のだって一例だよ。」
「言葉は日々変わっているからね。」
「意味は通じるんだから、それでいいじゃないか。」
とのことでした(笑)
正確ではないかもしれませんが、そんなニュアンスと話の流れだったと思います。

ネイティブの方が、気にしていないのが面白いですが、言葉ってそんなものなのかもしれないと改めて思いました。

今回の件は、色々と勉強になりました。
Morite2さんがご迷惑でなければ、これからも色々教えていただけますか?
Posted by みか at 2010年03月17日 23:46
Morite2さん、連投すみません。
完全にトピずれになるのですが、今回Part7の本文の中に、「be commensurate with」があったような気がしたのですが、覚えてらっしゃいますか?

本文を読んでいて、完全に設問とは関係ないところで、「へ〜、こんなのまでTOEICに出るんだ〜。」と思ったので意識に残っているのですが…
Posted by みかん星人 at 2010年03月17日 23:53
みかさんコメントありがとうございます

全然問題ないので気にしないでください。
「ネイティブの方が、気にしていない」
これが普通だと思います。
日本人も「学校に行く」と「学校に行く」の違いを気にしたり
しないようにネイティブは気にしない方が普通です
聞いたことないと言いながら
「promptlyの方が自然だし、promptをつけるなら後ろの方」
と言うのもよくあります(本当はどこかで出会っているはずです)
こういった調査よくしました


みかん星人さん
ありましたね。たしかなんかのTOEIC本に出てるてウィットロックさんが言ってました。英検1級だったかな?



Posted by Morite2 at 2010年03月18日 00:56
Morite2さん、こんにちは。
確かに名無しさんが悩まれたように辞書に載っている「=」はくせものな気がします。どちらの表現も良く使われる場合と完全に等価の言い換えでないケースがあるからです。Google検索してみると今回のははっきりとした差が出たので、完全に等価の言い換えでないケースのようです。

"promptly at seven pm" の検索結果 約 8,860 件
"at seven pm prompt"の検索結果 3 件
"prompt at seven pm"の検索結果 1 件

"at seven pm sharp" の検索結果 約 6,360 件
"sharp at seven pm"の検索結果 1 件

"at exactly seven pm" の検索結果 約 3,750 件
"exactly at seven pm"の検索結果 8 件

今回のような場合は辞書には以下のように記載してもらえれば、使うときに迷うことは少なくなるのではないでしょうか。まれな表現をあえて使うのは単なるへそまがりですからね(笑)

promptly at seven pm >> (非常にまれ)at seven pm prompt, prompt at seven pm

ジーニアスは独自に用例を集めたコーパスを使って分析しているのだから、それくらいできると思うんですよね。頑張れジーニアス!!
Posted by Yuta at 2010年03月18日 05:11
Yutaさんコメントありがとうございます

まさにそのGoogleのデータ
"promptly at seven pm" の検索結果 約 8,860 件

"at seven pm sharp" の検索結果 約 6,360 件
"sharp at seven pm"の検索結果 1 件

"at exactly seven pm" の検索結果 約 3,750 件
"exactly at seven pm"の検索結果 8 件

は単語特急の
164ページを書くときに調べたものです
ネイティブが「使う」といった件数の多いものだけを載せました

ジーニアスさんは(いい辞書ですが)不思議なところも多いです
AXXのEXXXよりはもっとすごいですよね・・・
Posted by Morite2 at 2010年03月18日 10:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック