2009年02月10日

英検1級2次面接の流れ

英検1級2次試験の流れを今回は書きたいと思います

今英検1級の面接対策の授業を1対1の授業でやっているのですが

最初から最後まで全部英語で授業するのは楽しいです


さてせっかくなんで自分の英検1級の面接はどんな感じだったのか
忘れないうちに記事にしようと思います

上智大学四ツ谷キャンパスでしたね

なんか携帯電話を変な入れ物に入れて首にぶら下げるんですよね

待ち時間がすごく長くていらいらしたのと

アメリカであった友達の従兄弟と偶然再会したのが印象的でした


さて面接の教室に入ると面接官は

ネイティブ(男50代)と日本人(女40代後半)

そして端っこにバイトのタイムキーパーがいました


まずは自己紹介をしてくれといわれたので

名前、大学名、専攻なんかを言いました

そしたら「もっと話して」みたいなジェスチャーをされたので

I sudied abroad in the States last year, and I got TEFL Certificate there.

みたいなことを確か言いました
あとは認知科学を勉強したとか言ったような気がします

で質疑応答があり留学生活の話をしました
そして
いよいよスピーチタイム


机の上にある紙をめくり5つテーマが書いてあります

その中から1つ選んで1分考える時間、2分スピーチなのですが

テーマを見たときに「終わったな・・・」と思いました

やはり準備せずにスピーチなんかできないなと思いました

1分かけて話せそうなトピックを選びました

そしてスピーチの出だし・・・

So... well....let me talk about...

とこの瞬間にひらめきました

話そうとしていたトピックではなく「職場でのAI」みたいなのに変えました

大学の英語のテキストだった英単語・熟語ダイアローグ1800―対話文で覚える

の地雷を除去するロボットの話を思い出したんです
TOEICや英検対策になると思って暇なときに読んでたんです

結論までは言えませんでしたがなんとかスピーチしました

その後にあなたの職場でAIに関係しているものはありますかと聞かれ

Not really...と答えました

後は言語学をやっているなら機械翻訳はどう思うかなど聞かれました

この辺は興味があることだったので会話が弾みました

最後はなんかいい翻訳サイトを紹介されて

OK I'll check it out.
→Thank you Morite2. Have a good day.
→You too.
で終わりました

面接を受ける皆さんがんばってください
教育・アジアと日本・環境・経済・雇用問題

などいくつか話せるものを用意して関連するトピックが出たら
我田引水できるようにしておくことをオススメします

がんばってください!

↓なんかランキング激戦ですね・・・応援クリックお願いします
人気ブログランキング
ラベル:英検
posted by morite2 at 14:30| 東京 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする