2017年01月18日

入試問題を解きながら勉強

入試問題を解きながら勉強

来週は早大(文・文化構想・教育学部)英語の対策授業があります

文・文化構想は設問形式がほとんど変化ないのに対して、教育はいろんな形式が出てきます

分析がなかなか大変です

傾向を分析して対策を考えるには、1年分だけでなく、さかのぼって解いていく必要があります

早稲田文教育.jpg

そこで、問題をひたすら解いています

TOEICやTOEFLでもそうですが
解けば解くほど、いろいろなことがわかってきます

1つの長文も短めなのでサクサク読めて、英語の勉強にもなりながら、いろいろな背景知識も勉強できるので楽しいです

こうやって、楽しんで読んで解けると英語得意になれるんでしょうけど受験生にはなかなか難しいですね

3月末までは授業もあまりないですから、たくさん入試問題を楽しんで読んで勉強します!

楽しんで勉強で来たら最高ですよね

↓英語勉強ブログ応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ


posted by morite2 at 12:26| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

TOEIC TEST 単語特急3増刷

TOEIC TEST 単語特急3増刷

ついに増刷です


新TOEIC TEST 単語特急3 頻出語言い換え集


音声ダウンロードはこちらから
http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=14323

出る問題を予想したものではないので売れないと思っていましたが、ついに増刷まできました

TOEICだけでなく英語の勉強に役立つものを作りたいというコンセプトからできた本です

自分の書きたいように自由に書かせてもらった最初で最後の本です

単語特急3内容.jpg


文の構造が複雑なものは構文解析を載せました

代名詞の指すもの、対比箇所などがわかるようになっています


ワードネットワークは
コアイメージを中心に語義の繋がりが見えるようにしました

さらに、補足解説部分で、繋がり方を説明しています


そして、コラムでは絵を使って接辞

プロの方に絵をかいてもらいました

すごくこだわりの多い本です

2012年に出たこの本が、2017年に増刷が決まった時は信じられませんでした

絶版になり化石になると思っていました

これも皆様の応援のおかげです

ありがとうございました!

↓TOEICブログ応援もよろしくお願いします!
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
ブログを見てくれる皆さんのために書き続けます




posted by morite2 at 12:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 単語・熟語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

TOEFL難化傾向の分析

TOEFL難化傾向の分析

土曜日はTOEFLを受けてきました

前回のTOEFKの問題にはTOEICにもいた昔のナレーターと最近のナレーターが出てきました

そのことから、昔のナレーター(1人)=昔の問題(リサイクル問題)

新しいナレーター(1人ではない)=最近の問題(リサイクルの可能性もあり)


スピーキングとライティングは新しいナレーターだけでしたが

リスニングには両方出てきたので過去の問題と最近の問題を比べることができたんです

難化していることがよくわかりました

こんなところで難しくするのか!と驚いたのは

選択肢の長さでした

明らかに昔の問題より長くなっています

そう考えると、スピーキングとライティングのインディペンデントも
設問が長くなっています

スピーキングは2つのものから選ぶ問題だけではなく
3つから選ぶものが増えていますし

前回のライティングは、設問部分がめちゃくちゃ長かったです

読む時間のせいで考える時間、書く時間が削られてしまうわけです


試験対策が進むと平均点が上がり、難化は避けられません

これはTOEICでも同じことです

必ず難化していくはずです

そういった意味でも大学入試に外部試験を入れていく難しさが見えますね

センター試験など大学入試に特化したものであれば得点調整できますが、受験生以外も受ける外部試験ではそういった措置ができません

色々と考えさせられました

↓英語試験ブログ応援よろしくお願いします
人気ブログランキング
人気ブログランキングへ
宣伝広告ブログたちには負けられない
posted by morite2 at 12:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | TOEFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする